テーマ:ユリ科

香貫山の植物  ソクシンラン           

ソクシンラン(束心蘭)   先月末に、香貫山の登山道脇の斜面にひょろ長い植物を見つけて、名前を調べていたが解らずにいた。  下の方に付いていた蕾の様なものを覘くと、蕾ではなく花冠の先を可愛げに開いていた。  数日前に、別の植物の名前を調べていたら、この植物はユリ科のソクシンラン(束心蘭)と言う立派な名前が付いていると解…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

沼津御用邸記念公園の花暦  

ヤブカンゾウ  7月初めに沼津御用邸を訪れた時、本邸海側の花壇にヤブカンゾウ(藪萓草)の花が咲いていた。松林の中に朱色のベルトが伸びていて綺麗だった。              (八重咲きのカンゾウはヤブカンゾウだ)  一昨年の8月13日に沼津御用邸記念公園の夏で同じ場所でハマカンゾウを綴っている。そのハマカンゾウの画像を…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沼津御用邸記念公園の花暦  

スカシユリ  沼津御用邸・西付属邸の芝生広場の一角に今、スカシユリ(透百合)が一塊になって綺麗に咲いている。                 (花弁の付け根に、隙間があるのでスカシユリ)  御用邸のスカシユリは沼津市南部の戸田地区が沼津市に合併する祭に、戸田の御浜に自生しているスカシユリを移植した物である。       …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  シオデ (番外編 ヤマウコギ)  

 香貫山の登山道脇に蔓性の植物が枯れ枝に巻きついて大きな草の様に伸びている。蔓の下の方には線香花火状の花を咲かせていた。ユリ科のシオデ(牛尾菜)だ。                  (枯れ枝に巻きついて上に伸びたシオデ)    シオデはユリ科シオデ属でサルトリイバラと同科、同属で共に雌雄異株であり、花や葉も似ている。  上…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ハタケニラ (番外編 ユッカ)      

 香貫山の登山道脇の草叢に葉は見えず、白い花だけが覘いている植物があった。帰宅して調べると、ユリ科のハタケニラ(畑韮)とあった。              (長い花茎の先に花を付けるハタケニラ)  翌日、もう一度観察してみたら、白い花を付けた長い花茎の下にニラに似た葉があった。葉がヨモギやその他の草の下で見えなか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  ヤブカンゾウ     

 今年も昨年と同じ五重塔下の登山道脇にヤブカンゾウが咲き始めた。                   (ヤブカンゾウ)  資料を見ると「ヤブカンゾウは中国原産の多年生草本であり、栽培されていたものが野生化している。花は八重咲きであり、3倍体であるので結実しない。」とある。種の出来ないものが何故、この登山道脇に生えているか?人間が…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  ツルボ、ミズヒキ       

香貫山の草花(その66)  今日は香貫山の可愛い花のツルボ(蔓穂)を綴る。別名はサンダイグサ(参内傘)で、公家が宮中に参内する時に従者が差しかけた長柄傘をたたんだ形に似ているためと、資料にある。                     (ツルボ 別名サンダイグサ)  薄紅紫の小さな花なので目立たない。ツルボが終わる頃、華麗…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ヤブラン     

香貫山の草花(その56)  今日も暑い一日だった。午前中に香貫山に行って来て、午後は休養で昼寝。レフレッシュしてブログに取りかかる。今日は香貫山の登山道脇に生えているヤブラン(藪欄)を綴る。                           (ヤブラン)  名前の由来は、花が欄に似ている事と、山地や海岸の林縁などに生え藪…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香貫山の植物  タカサゴユリ    

香貫山の草花(その51)  今朝は珍しく早く目覚めた。窓から富士山を望むと、見事に全山、姿を現していた。早速、香貫山に行く。目指すはタカサゴユリと富士山のツーショットだ。昨日、タカサゴユリが開花していることは確認済みだ。  と、言う事で昨日の沼津御用邸記念公園のタカサゴユリに続き、今日も香貫山のタカサゴユリについて綴る。  香…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沼津御用邸記念公園の夏       

タカサゴユリ、ハマカンゾウ  昨日に続き、沼津御用邸記念公園内の様子を綴る。御用邸に入り、本日の目的のタカサゴユリを見に行く。資料館の東側に花壇として仕切られた場所に植えられている。松林の中だ。御用邸の松林は間隔が空いて生えられており、光が適当にさし込んでいて明るい。又、風も通り易い。資料館に近づくと、その松の間に白い妖精たちが舞…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

我入道の渡し     

 今日は曇り空で少し過ごし易かった。沼津御用邸公園にタカサゴユリが満開になったと、言う情報を聞き行く事とした。今日は土曜日で我入道(がにゅうどう)の渡しが運航されているので、それに乗って途中までそれで行く事とした。我入道の渡しには始めて乗る。  乗り場は狩野川のあゆみ橋下だ。土、日、祝日に運航され、一日4便ある。2便の我入道行きに乗る…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香貫山の植物 カラスザンショウ、タカサゴユリ、キツネノカミソリ    

香貫山の草花(その48)  台風7号は伊豆半島沖を東に向けて通過した。おかげで、昨夜はかなり激しい雷雨であったが今朝は雨もあがりウォーキングが出来る日和となった。今日は昨日綴ったテッポウユリは間違いでタカサゴユリではないか、とのご指摘が一花さんとganzyさんからあったので、その確認を含めて香貫山へ行って来た。ユリの件は後にして今…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香貫山の植物  ミズタマソウ、タカサゴユリ       

香貫山の草花(その47) 《ミズタマソウ》  台風7号が東海地方に接近している影響で、今日は朝から雨だった。今夜からは大雨が予想されている。お昼頃、少し雨脚が弱くなったので香貫山に傘をさして行って来た。目的は、8月2日の香貫山の草花(その46)で綴ったミズタマソウの実の白毛についた水滴を見る為だ。  小降りではあるが雨が降って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more