テーマ:瑞牆山

瑞牆山ウォーキング(最終回)           

瑞牆山山頂~富士見平~瑞牆山荘  山頂は大きな花崗岩の一枚岩で回りを遮る物は何も無く、360度の眺望が楽しめた。早速遠景の撮影に入った。  先ずは、大やすり岩を上から見下ろして撮影した。  花崗岩だからこそ出来た造形なのだろう。しかし、どのようにして出来たのか、実に不思議だ。大やすり岩の天辺には草が生えていた。風雨に曝され…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

瑞牆山ウォーキング(その4)           

大やすり岩~瑞牆山山頂 【大やすり岩 11:05発】  登山道は少し左に曲がり、大やすり岩を左手に見ながら登った。  腰の高さまである大きな岩が前を塞いでいる。何処に足を架けて登るか、回りをキョロキョロ探す。  岩を一つづつ越えていくと、大やすり岩の中間位の高さまで登った。  大きな岩の間を縫って行く。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

瑞牆山ウォーキング(その3)           

桃太郎岩~大やすり岩  桃太郎岩を過ぎた辺りから、登山道脇にピンクの花が見えて来た。アズマシャクナゲ(東石楠花)だった。  瑞牆山の案内を読むと、6月中~下旬はアズマシャクナゲの群落が楽しめるとあったので百名山の厳しい岩峰に登る目的以外に、アズマシャクナゲを見ることも期待していた。訪れたのが6月9日なので少し早いかなとも考え…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

瑞牆山ウォーキング(その2)           

富士見平(1,815m)~天鳥川出合(1,795m)~桃太郎岩 【富士見平 9:35発】  富士見平小屋の左側を通って瑞牆山へと向かった。ここからは山腹を捲くトラバース道となる。  道は相変わらず岩がゴロゴロしている。  きつい登りはなく、緩やかなアップダウンを数回繰り返しながら50mほど高度を上げる。すると、木々の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

瑞牆山ウォーキング(その1)           

瑞牆山荘(1,515m)~富士見平(1,815m)  6月9日に山梨県に有る瑞牆山(みずがきやま)に登ってきた。瑞牆を「みずがき」とは、まず読めない。ウィキペディア(Wikipedia)によれば、「瑞牆」とは神社の周囲の垣根のことで、名前の由来は、山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来するとある。更に、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more