テーマ:アカメガシワ

香貫山の植物  秋の記録(アカメガシワ、ネズミモチ、トウネズミモチ)  

<アカメガシワの黄葉>  アカメガシワに付いては昨年の6月24日に綴った。アカメガシワの黄葉はハゼノキの紅葉が最盛期の頃に別の斜面で綺麗な黄色に輝いていた。                         (アカメガシワの黄葉  12月4日撮影)  隣には同じ大きさのハゼノキも有りその紅葉と黄葉を競い合っていた。      …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

香貫山の植物  ヌスビトハギ (番外編 アカメガシワ)     

 今年も香貫山の登山道脇に小さなヌスビトハギの花が咲き始めている。              (ヌスビトハギは枝に小さなピンクの花を穂状に付ける)  昨年は9月に入って、花は最盛期になった。その模様を昨年の9月9日のブログより転載する。             (最盛期のヌスビトハギの花 2006年9月9日ブログより) <ヌ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  アガパンサス (番外編 アカメガシワ)     

 香貫山の展望台のツツジの植え込みの前に登山者を迎えてくれている花がある。アガパンサスだ。アガパンサスに付いては昨年の7月9日に綴っている。その時の画像と合わせて綴り直す事とする。                  (展望台のアガパンサス)  アガパンサスの 名前はギリシャ語で愛(アガパ)の花(アントス)という意味を持つ。別名は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

香貫山の植物  ムラサキシキブ (番外編 アカメガシワ)     

 今年も香貫山の日当たりの良い所からムラサキシキブ(紫式部)の花が咲き始めた。明るい陽に照らされて鮮やかなピンク色でとても綺麗だ。          (明るい陽に照らされたムラサキシキブの花)  香貫山の登山道は今迄はネズミモチやトウネズミモチの白い花と良い香でウォーカを楽しませてくれた。今、ウォーカを楽しませてくれているのがこ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

香貫山の植物  スズメノヤリ(番外編 アカメガシワ)     

 今日は香貫山の道路脇や草叢に生えているスズメノヤリを綴る。草叢の中ではあまり目立たない。しかし、花を接写して撮ると黄色と茶色のツートンカラーの槍が放射線状に突き出ていて意外に美しい。                (スズメノヤリの花)  頭花が大名行列の毛槍に似ている事と、その槍が小さいので雀が付いたと、資料にある。葉の縁…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

香貫山の植物  アカメガシワとネズミモチ    

香貫山の草花(その21) 《アカメガシワ(赤芽槲)》  今日は朝から良い天気で久しぶりに青空を見た。しかし、富士山は靄の中で見えなかった。昼頃、香貫山へ行って来た。今日は香貫山の木の花について綴る。 <アカメガシワの花>  赤みを帯びた比較的大きな葉を広げている木が香貫山には多くある。今、その葉の上に穂状の花が天を向いて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more