テーマ:浮島ヶ原の植物

浮島ヶ原の植物(その6)

トウダイグサ  昨日、浮島ヶ原公園の近くを訪れたので浮島ヶ原公園を覗いて見た。アシが綺麗に刈り取られた後には、ノウルシとヒキノカサが共に黄色の花を咲かせていた。  茎先に黄色の苞葉を付けたノウルシの群生している様は見事だ。  ヒキノカサは小さな光沢のある黄色の花で、同じキンポウゲ科のウマノアシガタに良く似ている。  …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

浮島ヶ原の植物(その5)             

エゾミソハギ,シロバナサクラタデ,クサレダマ  一昨日の8月3日に、東海地方もやっと梅雨が明けた。東海地方で梅雨明けが8月にずれ込んだのは55年ぶりで、平年より14日、昨年より22日も遅かったと言う。  梅雨明け後の富士山を見ながら、その後の浮島ヶ原の植物を観察してきた。 《エゾミソハギ (蝦夷禊萩)》  浮島ヶ原の南側…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

浮島ヶ原の植物(その4)             

シロバナサクラタデ、ママゴノシリヌグイ、ヌマトラノオ  この前の日曜日(7/12)に浮島ヶ原自然公園に行って来た。前回は6月19日だったので3週間ちょっと経っていた。前回最盛期だったクサレダマは終わっていて浮島ヶ原公園は緑一色のヨシの原になっていた。しかし、湿原を巡る木道からヨシの間を探すと綺麗な花が咲いていた。 《シロバナ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

浮島ヶ原の植物(その3)             

クサレダマ、ハンゲショウ  昨日、ほぼ1ヶ月ぶりに浮島ヶ原自然公園に行って来た。湿原のヨシは2m位まで伸びて、木道の上からでも回りが見通せなくなってきた。 《クサレダマ(草連玉)》  ヨシ原の一画に黄色い花が咲いていた。  サクラソウ科のクサレダマだ。前回の浮島ヶ原の植物(その2)で綴ったサワトラノオと同じオカトラノ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

浮島ヶ原の植物(その2)                  

サワトラノオ、ナヨナヨワスレナグサ、ウキヤガラ、クサヨシ  浮島ヶ原の植物(その1)は3月25日に綴った。5月23日に約2ヶ月振りに浮島ヶ原自然公園を訪れてみた。ヨシがすっかり伸びて湿原が大変身していた。 《サワトラノオ(沢虎の尾)》  大きく育ったヨシを木道の上から掻き分けて覘くと、白い綺麗な花が咲いていた。茎先に穂状に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

浮島ヶ原の植物(その1)                  

ノウルシ、ヒキノカサ  沼津市の西部から富士市の東部にかけた愛鷹山南麓には浮島ヶ原と言う湿地帯がある。ここの植物は香貫山とは異なった植物が見られると言うので、この先不定期になるが観察して行こうと考えている。  観察の中心は浮島ヶ原自然観察公園だ。  この辺りには昔、浮島沼が広がっていたが近年の開発により沼が減少して来て…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more