テーマ:ビュウオ

沼津海岸線ウォーキング 富士海岸防潮堤(その25)

総集編-3 ビュウオ  今日は、比較観測点5ヶ所から見たビュウオ方向の景色の変化を綴る事とする。 <沼津港> 沼津港の標識(NO 0)はビュウオから約500m離れた所にある。       <片浜> ビュウオは牛臥山の島影に溶け込んでいて見えない。 その牛臥山は沼津アルプス・鷲頭山の後ろに見える。 <原> …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津港(その3)

沼津港(外港)  沼津港はビュウオを間にして駿河湾側が外港で陸地側が内港に分かれている。今日は外港を綴る。  最初に、外港をビュウオの展望室から見る。      (沼津港の外港  左画像の出船は30分前までは右画像の接岸中の船)  ビュウオから海に向かって右(西)側に進み、駿河湾の出入口にある灯台まで行ってみた。ビュウオから…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津港(その2)  

ビュウオからの展望  ビュウオの展望室からは360°の景色が見渡せる。今日はその模様を綴る。  最初は富士山でビュウオからは北西方向に見える。先日綴った千本松原の上に、更に愛鷹山(あしたかやま)を手前に従えて大きく聳える。                       (富士山   北西方向)        (上の拡大画像を1月2…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津港(その1)   

ビュウオ(沼津港大型展望水門)  今日から暫く、千本浜公園から約1km東にある沼津港を綴る。今日は数年前に出来たビュウオに付いて綴る。  ビュウオとは沼津港の内港と外港を結ぶ航路を進入して来る津波から港の背後地を守る為に作られた水門の呼称だ。津波を堰き止める扉体は幅40m、高さ9.3m、重量406tと日本最大級で、この巨大な扉体を支…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more