テーマ:山野草

志賀高原 池巡り(その2)

 信大自然教育園を過ぎ長池に到着。白い枯れ木が水面に映って綺麗だ。先月訪れた横谷峡の御射鹿池で見た東山魁夷画伯の名画「緑響く」のモデルの再来だなと感じながら撮影した。  それにしても複雑な形をした枯れ木だと思いながら進む。暫く歩いて振り返ると複雑な形の謎が解けた。2本の枯れ木が重なり合って見えていたのだった。  続いてシラカ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志賀高原 池巡り(その1)

 7月17日に志賀高原の池巡りに行ってきた。  スタートは蓮池ロープウェイのある蓮池。  水面に浮かぶスイレンやコウホネが綺麗だった。                                      <スイレン>                                      <コオホネ> …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

八ケ岳のホテイラン

 ツクモグサを求めての八ヶ岳縦走で、思いも掛けないホテイランと初めて出会うことが出来た。樹林下の薄暗い中にピンク色の花がポツンポツンと立っていた。  花をアップで撮影。  ホテイランはラン科、ホテイラン属で草丈10~15cmの多年草。日本産の野生欄の中で最も美しい花の一つと言われている。別の場所に咲いていたものを以下に載せる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ケ岳のツクモグサ

 三日前の6月16日、三度目の正直で憧れの八ヶ岳のツクモグサを見ることが出来た。   ツクモグサ登山の1回目は4年前の2010年6月20日に八ヶ岳の三叉峰(さんじゃほう)に登った。しかし、稜線に着いた所でガスが立ち込めてきたので諦めて下山した。2回目は2012年7月1日に同じ三叉峰に登ったが、やはり天候が悪化した為にツクモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑波山(その2)

 御幸ヶ原で昼食をとった後、男体山山頂を一巡りする筑波山自然研究路に向かった。  しかし、コースの途中が通行止めになっているので一周せず、途中から引き返すこととした。コースには様々な山野草が咲いていた。以下にそれらを列挙する。                                  <ヤマブキソウ>         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドングリの若木

 今年の3月、小仏城山でどんぐりの実が割れて若芽が出そうな様子を見た。  先日、沼津アルプスでそのドングリの若芽が若木に育っている所を見つけた。若木といっても、まだまだ双葉の状態だが。  どんぐりの実を未だ付けているが、養分を実からではなく自らの根から摂っているいる様に見える。  小仏城山で見たドングリの実が割れて若芽が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御前山(その1)

 大岳山山行の翌週、大岳山の西隣にある御前山に登った。御前山はカタクリで有名で、そのカタクリを求めての山行だった。  奥多摩湖バス停をスタートして小河内ダム堰堤上を進み奥多摩湖の対岸へ渡る。萌黄色に染まり始めた山々に囲まれた奥多摩湖は青空の下で静かな朝を迎えていた。 -----------------<山行概要>--------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アツモリソウ

 今日は、一昨日のクマガイソウと同じラン科アツモリソウ属のアツモリソウを綴る。この花は昨年の6月9日に登った入笠山の山小屋の花壇に咲いていた。  同じ花壇に、キバナアツモリソウも咲いていた。  一昨日のクマガイソウも今日のアツモリソウも初めて見る花であった。これらが自然界の中ではなく、人が管理している中でしか見れないのが残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマガイソウ

 高柄山からの帰り道に倉見山の麓にあるクマガイソウ群生地を訪れた。期待通りのクマガイソウを見ることが出来た。  この群生地を知ったのは、高柄山登山の1年前に倉見山に登った際、下山中見つけた道標にクマガイソウ群生地とあった。この時はクマガイソウ群生地を通らなかったが存在を知ったので何時かは訪れようと考えていた。  ネットで開花情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その58)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(最終回)  昨日に続き、ミニ盆栽展で目に留まったものを以下に列挙する。  最後に、ミニ盆栽展のパンフレットに記載されていたウメモドキの年間の作業を以下に載せる。(興味のある方は2回クリックで拡大して見て下さい。)  夏には西日を避け、水やりを1日3回く…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その56)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(その2)  山野草展には色々なダイモンジソウが植えられていた。今日はそれらを列挙することとする。  以上がダイモンジソウの標準的な品種なのだろうか?これ以降に紹介する品種には園芸種xxダイモンジソウとそれぞれ名前の標識が付いていたが、上の3品種には名前の標識が付いていなかった。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その55)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(その1)  園内の一角で企画展「秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展」が開催されていた。  今日と明日で、秋の山野草展に展示されていたものを、ミニ盆栽展はその後に綴る。  秋の山野草展の全体を3分割して撮影した。向かって右から、中央、左の順に以下に載せる。  私が初めて見た花や実…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

愛鷹山ウォーキング(その2)

 昨日はイワタバコだけを先行して綴ったが、今日は私が初めて見た植物を中心に綴る事とする。  昨日綴ったイワタバコの生育地の手前に紫色のシソ科のアキノタムラソウらしきものが咲いていた。帰宅して調べたらアキノタムラソウと同じシソ科で、ナツノタムラソウ(夏の田村草)だった。             (ナツノタムラソウ  左画像は2回クリッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

三頭山ウォーキング(その4)   

 今日は三頭山ウォーキングの最終回で鞘口(さいぐち)峠から麓までを綴る。  鞘口峠から歩き始めて直ぐに白い花が一塊になって咲いていた。キンポウゲ科のニリンソウ(二輪草)だった。                        (ニリンソウ)  上左の画像中の花は良く見ると1本の茎から3輪の花を付けていた。           …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

毛無山ウォーキング(その2)    

 昼食後、下山開始する。登山道脇に小さな白い花が咲いていた。登路時には気付かなかった。                         (バイカオウレン)  下山路は地蔵峠を経由して朝霧高原の麓に戻る事とした。朝霧高原と下部温泉との分岐を下部温泉方向に進む。                          (下部温泉へ向かう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ゴルフ・ウォーキング(その2)      

 昨日に続きゴルフプレイ中に会った草花を綴る。今日は秋の花・キク科を中心に綴る。 先ずは、ノコンギク(野紺菊)。薄青色の小菊状の花型をしている。蕾も紫で綺麗だ。                    (薄青色した小菊状のノコンギク)  明るい道端や土手に生え、集団を作ると資料にある。これもティーグランド横の斜面に群れをなして咲…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ゴルフ・ウォーキング(その1)         

 昨日、東京の友達と相模湖近辺のゴルフ場でプレイを楽しんだ。山間にあるゴルフ場の為か沢山の山野草に会えた。今までも何回もプレイをしていたゴルフ場だったが、こんなに沢山の山野草が咲いているとは知らなかった。ブログを始める前は、山野草を見る興味が無かった為と思う。  先ずはツリフネソウ(釣船草)。                    …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

三国山ウォーキング    

 今日は箱根の西側外輪山の一つ、三国山に行って来た。箱根峠~三国山~湖尻峠まで約4時間の歩行時間であった。  下界の沼津市は今日一日残暑厳しかった様だが、外輪山は雲に覆われて見通しが悪く霧の中の山行であった。唯一、三国山を目指している時に霧が切れて芦ノ湖が一瞬見えた。                   (三国山への途中で垣間見えた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

足和田山ウォーキング(その2)     

 昨日に続き、足和田山ウォーキングの後半を綴る。三湖台の昼食後の休憩時間に山頂に咲いている花を探した。山の上の草むらの中には意外と沢山の花が咲いていた。風当たりが強くて草花が育たないと思うが、むしろ逆で日当たりが良いので草花が良く育つと思われる。食事を取った場所のすぐ横にはウツボグサがひと塊になって咲いていた。            …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more