テーマ:日本百名山

火打山

 三日目は曇りの予報だったが、残念ながら雨だった。雨具を着けて黒沢池ヒュッテを スタートし、高谷池ヒュッテを経由して火打山へ向かう。スタートして3時間で天狗の庭 に到着。  今回の最大の目的はここの草紅葉だ。木道を少し進んだ所で草紅葉を撮影した。本来 ならばこの草紅葉のバックには火打山が聳えているのだが、ガスに隠れて見えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙高山

 10月1日~3日に妙高山と火打山に登ってきた。登山口にはしゃれた建物が有り、 ここで登山届を提出した。  黒沢橋を渡る。ここまでは殆ど紅葉した木々は無かった。  1時間過ぎた12曲付近から黄葉した木々が現れた。    登山口から3時間半で急坂を登って高野池と黒沢池の分岐に到着。ここからは急坂は 無い。  登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科山

8月27日(日)に日本百名山の蓼科山に登ってきた。 登山口は大河原峠。人気の山なのだろうか、駐車場はほぼ満車だった。 10時15分登山口をスタート。 登山道は笹原の道から直ぐに樹林帯に入る。 登山口から1時間半で佐久市最高地点(2380m)に到着。しかし、最高地点とある が樹林帯の中で見晴は無い。 暫く進むと一帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間ノ岳

8月21日(月)~24日(木)、南アルプス・白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)を 縦走してきた。ここでは3日目の北岳山荘からを綴る。山荘の窓から朝焼けの 富士山を望む。残念ながら立ち込めるガスでクリアに望めない。  強い西風とガスが立ち込めているが5時半に間ノ岳を目指してスタートする。しかし 風が更に強くなり立って歩くのが困難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹沢山

 今日は蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳の縦走を綴る。  4時31分、蛭ヶ岳山荘の庭で宮ケ瀬湖の上にご来光を迎える。  山荘の西側に聳える富士山はご来光の光を受けて赤く輝いていた(山荘内の窓越しの為ガラス内の金網が写りこんでしまった)。  蛭ヶ岳を6時30分にスタートする。青空の下に富士山と南アルプスの山々美しい。  蛭ヶ岳か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武尊山(その1)

6月20日に群馬県にある日本百名山の武尊山に登ってきた。 スタートは武尊牧場の一番下にある駐車場。幸いにも、前日の雨も上がり梅雨時には信じられない青空の下での登山になった。  牧場の周囲を巡る舗装道路はゲートが閉まっていて車が入れないので黙々と登る。スタートして1時間、後ろを振り返ると 赤城山や 皇海山が見えていた。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場山 -その1-

 尾瀬ヶ原の草紅葉に魅せられて、もう一つの草紅葉を求めて10月4,5日、苗場山に行ってきた。 スタートは祓川コース登山口・第2リフト町営駐車場。生憎ガスが掛かっていて先が見えない。  山頂に到着するまでに霧が晴れてくれることを願ってスタートする。30分で和田小屋に到着するも、未だ霧は晴れず。  霧に包まれたゲレンデの中の木道を進む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の富士山百景 113番 日光白根山

2番目に遠い富士山  私の富士山百景 112番の至仏山よりも日光白根山の方が少し富士山に近いので、日光白根山から見た富士山は2番目に遠い富士山となる。  日光白根山には2011年8月29日と10月10日に登っていて、上の富士山は10月10日に撮影している。その日、日光白根山ロープウエイ山頂駅から撮影した白根山の山頂部を以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至仏山(秋)

 尾瀬ヶ原を訪れた翌日の9月30日、至仏山に登った。山の鼻から至仏山登山口に向かう尾瀬植物研究見本園から、朝日を受けた至仏山が綺麗に望めた。 ----------------<山行概要>----------------   登頂山名:至仏山(2228m) 登山日時:2015年9月30日(水) 天    候:晴れ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山(その1)

  7月27日に月山に登ってきた。スタートは姥沢駐車場。真っ青な空の下に雲が棚引いている山が月山だろうか?山頂に着く頃には晴れ上がることを祈って歩き始める。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:月山(1984m) 登山日時:2015年7月27日(月) 天  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山(その1)

 7月20(日),21日(火)に高山植物のお花畑で有名な白山に登ってきた。  沼津を午前4時に出て市ノ瀬ビジターセンターに着いたのは10時45分。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:白山(2702m) 登山日時:2015年7月20日(月) 天    候:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間山(その2)

 黒斑山から外輪山の稜線を北に進み蛇骨岳に向かう。  進行方向の右手のシルエット状の大きな山は浅間山の下部で、左手のギザギザした山が黒斑山に続く蛇骨岳と仙人岳だろうか。  黒斑山から35分で蛇骨岳に到着。  蛇骨岳山頂広場と仙人岳の方向を望む。  北方の雲海の上に頭を出しているのは四阿山だろうか?  南方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳凰三山(その3)

 賽ノ河原から10分登ると赤抜沢ノ頭に立つ。振り返ると地蔵ヶ岳が薄らとガスを纏って聳え立っている。画像中央に右下から左上に伸びている薄茶色部が砂の急傾斜の登山道だ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:鳳凰三山:観音岳(2840m)、薬師岳(2780m)、地蔵ヶ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

立山三山(雄山、別山)

 二日目は一ノ越山荘をスタートして雄山から別山までの縦走だ。  一ノ越山荘前から室堂を見下ろす。青空もあってこの日の天気は何とかなりそうだ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:雄山(2992m)、別山(2874m) 登山日時:2011年8月1日(月) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北岳(その1)

 標高日本第二位の北岳は私がよく訪れる山梨県、長野県の山々から良く望めるので、一度は登りたい山だった。今年の3月、伊豆半島南部の堂ヶ島からも白い雪に覆われた三角形の頂が望めた。                     <伊豆半島の堂ヶ島から見る間ノ岳~北岳>  又、昨年には小仙丈ケ岳からもその雄姿を見ていた。  北岳山行は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤岳(八ヶ岳)

 山小屋の朝は早い。4時半頃に山小屋の外に出てご来光を待つと、地平線を覆う雲の中から厳かに太陽が昇る。  今日も天気が良さそうだ。振り返ると赤岳の上には月も見えていた。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:赤岳(2899m) 登山日時:2014年6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲武信ヶ岳

 一昨日綴った十文字峠山行の丁度一年後の2012年6月17日に甲武信ヶ岳に登った。登山口は十文字峠の時と同じ毛木平駐車場だ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:甲武信ヶ岳(2475m) 登山日時:2012年6月17日(日) 天    候:雨後曇り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山(その1)

 筑波山に登った翌日、筑波から群馬の赤城山へと向かった。関東平野を横断し前橋市内で大きな赤い鳥居をくぐると目的地の赤城山が見えた。  赤城山は幾つかの山の総称で、今回は黒檜山(1828m)と駒ケ岳(1685m)に登った。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:赤城山(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑波山(その1)

 先週の日曜日、関東平野を一望できる筑波山に登った。筑波山は日本百名山の中で一番低い山である。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:筑波山(877m) 登山日時:2014年5月11日(日) 天    候:晴れ コ ー ス:筑波神社前(9:45)~宮脇駅(9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安達太良山

 福島県登山の三日目は安達太良山に登った。                 <安達太良山は山頂の形から乳首山とも呼ばれる> ---------------<山行概要>------------------ 登頂山名:安達太良山(1,700m) 登山日時:2013年8月5日(月) 天   候:晴れ、後曇り コ ー ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐駒ケ岳 (その1)

昨年の7月、南アルプス北端の名峰・甲斐駒ケ岳に登ってきた。 上画像は甲斐駒ケ岳登頂の翌日、仙丈ヶ岳へ向かう稜線上から撮影した甲斐駒ケ岳(右端のピラミッド形の山)と鋸岳(左側のギザギザした山)。一番奥に薄らと見えるのは八ヶ岳。  甲斐駒ケ岳には昨年の7月21日に登った。      -----<山行概要>----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

槍ヶ岳 (その1)

昨年の9月快晴の空の下、念願の槍ヶ岳に登ってきた。                      <二日目、水場過ぎた付近から見た槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳>          2回クリックで登山者や槍ヶ岳山荘に物資を下しているヘリコプターが見えます。 一日目: 上高地(1,505m)~槍沢ロッジ(1,820m)(泊)      -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山ウォーキング(その1)

富士宮口登山道新五合目~御来光山荘(新七合目)  永年の懸案であった富士登山を一ヶ月前の8月5,6日にやっと遂行することが出来た。  上の画像は沼津市から8月30日に撮影したもので、この様に雲に覆われない夏山姿を今年の夏はついぞ見る事がなかった。当日は雨や霧を覚悟した上での登山だった。 【富士宮口登山道新五合目…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金峰山ウォーキング(前編)

大弛峠(2,365m)~朝日峠(2,425m)~朝日岳(2,579m)  10月17日に山梨県と長野県の県境にある金峰山(きんぷさん)に行ってきた。金峰山は日本百名山でもあり山梨百名山でもある人気の山だ。登山口は今年の梅雨明けに訪れた国師ヶ岳と同じ大弛峠(おおだるみとうげ)だ。大弛峠に通じている川上牧丘林道から見た金峰山の姿を前述…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

霧ケ峰ウォーキング(その1)

車山肩(1,810m)~車山山頂(1,925m)  8月3日に涼しい所を求めて霧ヶ峰高原に行って来た。スタート地点は車山肩で、山の地図にあるヴィーナスライン沿いのレストランロイヤルインを探したが見当たらなかった。付近の建物と思われる瀟洒なレストラン「チャプリン」に問い合わせたら、道路向い側にあったが最近無くなってしまったとの事だっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雲取山ウォーキング(その1)

鴨沢バス停(540m)~小袖乗越(750m)  5月17,18日に東京都の最高峰である雲取山(標高 2,017m)に登ってきた。東京の山で2,000mを越える山はこの山だけだ。スタート地点からの標高差は約1,500mもあり日帰りは無理なので雲取山荘に1泊した。今日からその模様を綴る。 【鴨沢バス停 9:30発】  スタート…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

岩手山ウォーキング(その2)          

2合目(935m)~5合目(1,390m)  2合目を過ぎると登山道は再び樹林の中を行く。そして暫く進むと2.5合目の標識が現れ右は新道、左は旧道に分かれる。新道は樹林の中を行くが、旧道は御蔵岩の岩場を行くと言うので新道を選んだ。  登山道脇に赤い実が生っていた。マイズルソウの赤い実だ。  潅木にも赤い実が生っていた。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その1)           

栂池高原駅(831m)~自然園駅(1,829m)  -白馬岳ウォーキング第1日-  8月23日~25日に白馬岳に行って来たので、今日からその模様を綴る。  JR大糸線に平行して走っている国道148号線から見た白馬連山を先ず載せる。 神々しい山々が連なって見える。どの山が白馬岳だろうか?  所々に、雪渓が見える。今回は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

美ヶ原ウォーキング(その1)           

山本小屋ふる里館~美しの塔  コース途中にあったコース案内を以下に載せる。この日のコースは山本小屋ふる里館をスタートして黄色線で囲った地点を通り、王ヶ鼻で折りかえして往復した。  美ヶ原は標高2,000mにある安山岩からなる火山台地で、東西5km、南北8kmに及ぶ広大な高原だ。  上のコース案内の薄緑色部がその高原を表…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

瑞牆山ウォーキング(その1)           

瑞牆山荘(1,515m)~富士見平(1,815m)  6月9日に山梨県に有る瑞牆山(みずがきやま)に登ってきた。瑞牆を「みずがき」とは、まず読めない。ウィキペディア(Wikipedia)によれば、「瑞牆」とは神社の周囲の垣根のことで、名前の由来は、山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来するとある。更に、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more