テーマ:山行記録

火打山

 三日目は曇りの予報だったが、残念ながら雨だった。雨具を着けて黒沢池ヒュッテを スタートし、高谷池ヒュッテを経由して火打山へ向かう。スタートして3時間で天狗の庭 に到着。  今回の最大の目的はここの草紅葉だ。木道を少し進んだ所で草紅葉を撮影した。本来 ならばこの草紅葉のバックには火打山が聳えているのだが、ガスに隠れて見えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙高山

 10月1日~3日に妙高山と火打山に登ってきた。登山口にはしゃれた建物が有り、 ここで登山届を提出した。  黒沢橋を渡る。ここまでは殆ど紅葉した木々は無かった。  1時間過ぎた12曲付近から黄葉した木々が現れた。    登山口から3時間半で急坂を登って高野池と黒沢池の分岐に到着。ここからは急坂は 無い。  登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科山

8月27日(日)に日本百名山の蓼科山に登ってきた。 登山口は大河原峠。人気の山なのだろうか、駐車場はほぼ満車だった。 10時15分登山口をスタート。 登山道は笹原の道から直ぐに樹林帯に入る。 登山口から1時間半で佐久市最高地点(2380m)に到着。しかし、最高地点とある が樹林帯の中で見晴は無い。 暫く進むと一帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農鳥岳

 縦走最終日は農鳥小屋から大門沢小屋を経由して奈良田に下る。予定歩程10時間 のロングコースとなる。  スタート時はガスが掛かっていたので前日撮影した小屋から農鳥岳を載せる。  岩場の登山道を歩いている間中、ガスが掛かり眺望は得られない。  スタートして1時間で西農鳥岳に到着。ガスに覆われて展望は無し。  更に1時間1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間ノ岳

8月21日(月)~24日(木)、南アルプス・白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)を 縦走してきた。ここでは3日目の北岳山荘からを綴る。山荘の窓から朝焼けの 富士山を望む。残念ながら立ち込めるガスでクリアに望めない。  強い西風とガスが立ち込めているが5時半に間ノ岳を目指してスタートする。しかし 風が更に強くなり立って歩くのが困難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹沢山

 今日は蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳の縦走を綴る。  4時31分、蛭ヶ岳山荘の庭で宮ケ瀬湖の上にご来光を迎える。  山荘の西側に聳える富士山はご来光の光を受けて赤く輝いていた(山荘内の窓越しの為ガラス内の金網が写りこんでしまった)。  蛭ヶ岳を6時30分にスタートする。青空の下に富士山と南アルプスの山々美しい。  蛭ヶ岳か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛭ヶ岳

 5月28~29日に丹沢を縦走(蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳)してきた。  今日は西野々登山口~蛭ヶ岳までを綴る。このコースは東海自然歩道にもなっている。 新緑の中を進む。  登り始めて2時間40分で焼山に到着。山頂には白い鉄柱でできた見晴台が建っている。  展望台の階段を登ると樹木の上に出て素晴らしい展望が開けている。丹沢東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川山

 5月24日(木)、山梨百名山の小川山に登ってきた。 登山口は長野県川上村の廻り目平キャンプ場にある。ここは金峰山への登山口でもあり、その途中から右手に入る。 カモシカ登山道と記されているがニホンカモシカが住んでいるのだろうか?  登山道は林の中の急登だ。喘ぎながら1時間ほど進んだ所で岩場の道に変わる。  樹木の間から、ノコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士見山

昨年の11月20日に山梨百名山の富士見山に行ってきた。 富士川沿いの52号線を走っている時はどんよりと雲に覆われていて、今日の登山は雲の中を歩くのかなと思っていた。 しかし標高690mの平須登山口に着くと、雲の上に抜き出て何と、青空が広がっていた。雲海の上に横たわっている毛無山越しに富士山の頭が見えていた。 このまま雲海が消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千頭星山

 6月22日(日)に山梨百名山の千頭星山に登ってきた。千頭星山は甘利山経由で登るルートが一般的で、過去2007.6.22と2009.6.14に2回チャレンジしたが天候に恵まれず引き返していた。今回はそのリベンジ登山であった。しかし、今回も梅雨真最中で、甘利山は深い霧に覆われていた。  しかも、今年は花の時期が大幅に早まっていて前回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武尊山(その2)

 武尊避難小屋からは笹に覆われた登山道を進む。暫く進むと開けた小高い所に出た。標識がないので定かではないが地図にあるセビオス岳らしい。  笹の間に可愛い花が咲いている。  白色のイワカガミと  雨に濡れたミツバオウレンだ。  この先で、このコース唯一の難所である鎖付き岩場を通過する。緊張していて岩場の写真を撮り損なっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬ヶ原(春)

 尾瀬ヶ原の春の風物詩・水芭蕉を求めて6月8日に尾瀬ヶ原に行ってきた。 しかし、木道を進みミズバショウを探したが・・・??? 見えるのはシラカバをバックにしたワタスゲの群落だけだぁ~。  今年の尾瀬は雪が少なくて雪解けも早く、ミズバショウの見頃は5月の連休であった、とのこと。例年よりも1ヶ月も早かったのでは致し方が無い。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯那山

5月15日に山梨百名山の帯那山に行ってきた。スタートは上帯那集落の奥にある脚気石神社。その神社左横のコンクリート舗装路を進む。 舗装路とは言え、落葉が積もったり、草茫々で殆ど人が歩いた形跡がない。 帯那山へは、神社の前を通る林道が山頂手前まで伸びているのでこの登山道を歩く人は少ないのだろう。 林道を2回横切るが、その先の道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝登山(ほとさん)

今年の1月24日(日)、埼玉県秩父市の宝登山に行ってきた。数日前の大雪で秩父地方は雪国の様で登山道の積雪の中をザクザクと心地良い音を立てて登った。 山頂からの展望は将に雪国の街を見下ろすようだった。 山頂にあるロウバイ園のロウバイも 梅園の紅梅も白い雪と青空に挟まれてどちらも、とても鮮やかだった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二十六夜山

 昨年の12月20日に山梨百名山の二十六夜山に登った。 この日は晴天で静岡県側の御殿場市から見た富士山は青空をバックに素晴らしかった。一日中、この富士山が山梨県側でも見えそうだった。      -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:二十六夜山(97…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹子雁ヶ腹摺山(その2)

 下山は旧甲州街道の笹子峠に向かう。 山頂直下はかなり急坂で慎重に進む。  10分程でこの日、第三の鉄塔に到着。  送電線沿いに富士山が見えていた。  この辺りも紅葉真っ盛りであった。  尾根道と巻道の分岐に到着。ここは尾根道を進む。  尾根道と巻道が合流する地点の日当たりの良い場所で昼食を取る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹子雁ヶ腹摺山(その1)

 昨年の11月1日(日)、山梨百名山の笹子雁ヶ腹摺山に登った。 登山口は旧甲州街道笹子峠麓の宅地工事現場にあった。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:笹子雁ヶ腹摺山(1358m) 登山日時:2015年11月1日(日) 天    候:晴れ コ ー ス:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場山 -その2-

 前夜、眠る前にヒュッテの外に出たら満天の星が見えていた。翌朝はご来光とその中で光り輝く草紅葉が楽しめると、期待して眠りについた。  しかし起きてみると無残にも前日と同じ霧が山頂を覆っていた。  木道を少し進んでみると、ミヤマホタルイは良い具合に黄葉していた  が、遠景は真っ白で期待した天空の草紅葉の景色は得られなかった。  前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至仏山(夏)-その2-

 至仏山山頂を後にして、小至仏山を目指し尾根道を進む。                            <ホソバヒナウスユキソウ>                               <ナナカマド>                             <ハクサンシャクナゲ>  尾瀬ヶ原を振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至仏山(夏)-その1-

 実は、至仏山には2012年7月16日に尾瀬ヶ原を訪れた翌日に登っている。その時に至仏山で出会った花々を以下に列挙する。  尾瀬ヶ原ビジターセンターをスタートし、  至仏山登山口へ向かう。  以下、樹林帯の中で出会った花々を載せる。                               <マタタビ>         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至仏山(秋)

 尾瀬ヶ原を訪れた翌日の9月30日、至仏山に登った。山の鼻から至仏山登山口に向かう尾瀬植物研究見本園から、朝日を受けた至仏山が綺麗に望めた。 ----------------<山行概要>----------------   登頂山名:至仏山(2228m) 登山日時:2015年9月30日(水) 天    候:晴れ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬ヶ原(夏)-その2-

昨日に続き、2012年7月16日に訪れた尾瀬ヶ原の夏の草花を載せる。                                    <サワラン>                                    <クガイソウ>                                  <ネバリノギラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬ヶ原(夏) -その1-

 実は、尾瀬ヶ原には2012年7月16日に訪れている。その時に尾瀬ヶ原で出会った花々を列挙する。                                <至仏山とニッコウキスゲ>                                <朝霧とニッコウキスゲ>                   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬ヶ原(秋)

 9月29日、尾瀬ヶ原に草紅葉を求めて行ってきた。好天に恵まれ念願の目的を果たすことが出来た。                  <尾瀬ヶ原の草紅葉(バックは燧ケ岳)> ----------------<山行概要>----------------   登頂山名:尾瀬ヶ原(1400m) 登山日時:2015年9月29日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源氏山

 8月と9月は天気に恵まれず中止となった登山が多かった。やっと、9月20日に山梨百名山の源氏山に登ることが出来た。スタートは丸山林道の櫛形山分岐点脇の駐車場で丸山林道はこの先で通行止めとなっていた。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:源氏山(1827m) 登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月山(その3)

 昼食もそこそこにして月山神社へと向かう。月山神社は、近くで見ても岩を積み重ねた塀に囲まれいて要塞の様だ。厳しい自然環境の中に建立しているためだろう。  この先は撮影禁止なので画像は無い。  お祓いを受け、お参りして神社を一周して外にでる。  山頂小屋の裏側には池塘が点在する草原で多分お花畑になっているだろうが、時間の関係で散…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月山(その2)

 お花畑の花はまだまだ続く。                                  <ハクサンチドリ>                                  <ヨツバシオガマ>                                  <チングルマ>    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月山(その1)

  7月27日に月山に登ってきた。スタートは姥沢駐車場。真っ青な空の下に雲が棚引いている山が月山だろうか?山頂に着く頃には晴れ上がることを祈って歩き始める。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:月山(1984m) 登山日時:2015年7月27日(月) 天  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山(その3)

 2日目は午前3時40分に室堂ビジターセンターを出発して白山主峰の御前峰に向かう。登山道を歩き始めると、白山奥宮からご来光が拝める合図の太鼓が鳴り出した。ヘッドランプに照らされた足元を見ながらご来光への期待が膨らむ。  歩き始めて50分で御前峰に到着。北アルプスの峰々が赤く染まった東の空に広く展開していた。ご来光の期待がますます膨らむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山(その2)

 南竜道分岐は森林限界を越えていて振り返ると別当谷が良く見え、下流には登山口で渡った吊り橋も見える。ずいぶん登ってきた。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:白山(2702m) 登山日時:2015年7月20日(月) 天    候:晴れ コ ー ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more