テーマ:カキドオシ

鷲頭山ウォーキング(最終回)           

御前帰・登山口(4日後)  実は4日後に、もう一度御前帰・登山口へ行って来た。前回登山口で初めて見たイラクサ科のカテンソウ(花点草)が殆ど開花していなく唯一、1つの花で2本の雄しべが開いていただけだった。それで4日後ならばもっと開花していると考えて訪れたのだった。  予想に違わず、沢山の花が開いていた。5本の雄しべがピント伸…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  センダン (番外編 カキドオシ)

 毎年新緑の季節になると、香貫山の谷斜面に薄紫色の花を付ける木が有りセンダン科のセンダン(栴檀)の木だと解っていたが離れている為に花の接写が出来なかった。                        (市街地を見下ろす位置に生えたセンダン)  今年になって別の所に何とか枝を引き寄せて接写できる木を見つけたので綴ることが出来た。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  ムラサキサギゴケ (番外編  キケマン)     

 香貫山の林下の細道脇に紫色のシソ科の唇形状の花が咲いていた。帰宅して調べたらムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でシソ科ではなくゴマノハグサ科だった。             (ムラサキサギゴケはゴマノハグサ科)                   (上の花の拡大)  狭い範囲だが一塊になって咲いている。            (草…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more