テーマ:杓子山

杓子山ウォーキング(最終回) (番外編) 岡田紅葉 写真美術館           

杓子山山頂~ゲート  下りは泥道を避けてクマザサの生い茂る藪の中を歩く事にした。その方が急坂でも滑らなくて良かったが、ノイバラの棘があって手や顔に当って痛かった。  ロープが終わる辺りで藪から泥道に出る際に、バランスを崩して野球のスライディングをしてしまった。左側の腰から足全体にベットリと泥が付いてしまった。お昼前の時間帯で、登…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

杓子山ウォーキング(その2)           

大榷首峠~杓子山山頂 【大榷首峠 9:36発】  道標には山頂まで30分とある。道標の中央には道標の立っている場所が書かれている。その場所名の、おおざす峠の漢字が昨日綴ったゲートの所と同じ様に間違えている。しかし、こちらの道標は誰かが手書きで修正してあった。  数分登ったら、パッと周…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

杓子山ウォーキング(その1)            

ゲート~大榷首(おおざす)峠  杓子山へは富士吉田市大明見(おおあすみ)から旧鎌倉往還を通って林道に入り、車止めゲートで車を降り、そこから登る。  ゲート近くから富士山がくっきりと見えていた。 【ゲート 8:50発】  先ず目指す先は大榷首峠で道標には50分とある。  地図でおお…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

私の富士山百景 43番 杓子山             

鐘と富士山  今日から数回に分けて、杓子山(しゃくしやま)ウォーキングを綴るが、最初に杓子山山頂(1,598m)から見た富士山を載せる。(2回クリックで拡大出来ます。)  杓子山の山頂には杓子山の名前と標高1,597.6mの数字と共に鐘が吊る下がっている。山頂にたどり着いた登山者が最初にこの鐘を鳴らす人はこの鐘の存在…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more