テーマ:箱根湿生花園

箱根湿生花園の花(その58)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(最終回)  昨日に続き、ミニ盆栽展で目に留まったものを以下に列挙する。  最後に、ミニ盆栽展のパンフレットに記載されていたウメモドキの年間の作業を以下に載せる。(興味のある方は2回クリックで拡大して見て下さい。)  夏には西日を避け、水やりを1日3回く…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その57)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(その3)  今日と明日で、ミニ盆栽展の様子を載せることとする。ミニ盆栽とは片手で持てるぐらいの盆栽で樹高が20cmくらいまで。細かい決まりは無く種類も幅広く植物全般、草にいたるまでだいたいの物はミニ盆栽になります、とミニ盆栽展のパンフレットにあった。  最初はミニ盆栽展の全体様子から。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その56)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(その2)  山野草展には色々なダイモンジソウが植えられていた。今日はそれらを列挙することとする。  以上がダイモンジソウの標準的な品種なのだろうか?これ以降に紹介する品種には園芸種xxダイモンジソウとそれぞれ名前の標識が付いていたが、上の3品種には名前の標識が付いていなかった。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その55)

秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展(その1)  園内の一角で企画展「秋の山野草と手軽に楽しむミニ盆栽展」が開催されていた。  今日と明日で、秋の山野草展に展示されていたものを、ミニ盆栽展はその後に綴る。  秋の山野草展の全体を3分割して撮影した。向かって右から、中央、左の順に以下に載せる。  私が初めて見た花や実…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その54の続き)

カエデ ウォッチング ラリー(最終回の続き)  終点に有った回答を以下に載せる。  上の回答にあるカエデの中で、漢字名を見た方が解り易いものもあるので以下に漢字名を補足しておく。  エンコウカエデは漢字で書くと猿猴楓または猿甲楓で、手長猿の手を意味する。  ハナノキは漢字で書くと花木で、新葉に先だって咲く深紅色の花が美し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その54)

カエデ ウォッチング ラリー(最終回)  「いろいろなカエデ」は今日も載せておきます。            「いろいろなカエデ」」(2回クリックでもう少し拡大します)  次は⑧に向かいます。  これは、いろいろなカエデの分類では「丸い葉」に属する。  次は⑨に向かいます。このカエデも見事に紅葉していた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その53)

カエデ ウォッチング ラリー(その2)  昨日載せた「いろいろなカエデ」は今日も載せておきます。            「いろいろなカエデ」」(2回クリックでもう少し拡大します)  次は④に向かいます。  ④に生えていたカエデは未だ紅葉していなくて葉の表と裏を比較して撮影した。裏は表に比べて白っぽかった。同じカエ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その52)

カエデ ウォッチング ラリー(その1)  今日は箱根湿生花園で行われていた「カエデ ウォッチング ラリー」をブログ上で再現することとした。  カエデ ウォッチング ラリーとは、起点に置かれたリーフレットを持って、園内の10箇所に生えているカエデを観察しながら、リーフレットとその場所に書かれているヒントを参考にしてカエデの名前を当…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その51)

フジイバラの実、ノイバラの実、コクサギの実 《フジイバラ(富士茨)の実》  赤いノイバラの実が生っていた。良く見ると2種類有って赤色の濃いものと、薄いものが並んでいた。標識にはフジイバラとノイバラとあった。以下に2種類を並べて載せる。上がフジイバラで下がノイバラだ。  並んでいるので色の違いも解るが、別の所にあ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その50)

イヌウメモドキの実、クロウメモドキの実 《イヌウメモドキ(犬梅擬)の実》  ウメモドキの赤い実に似た実が生っていた。標識にイヌウメモドキとイヌが付いていた。  帰宅して調べるとウメモドキと良く似ていて区別点は、ウメモドキは葉裏面の脈上・葉柄・花柄・若枝に毛が有るが、イヌウメモドキは無毛とあった。  ウメモドキに付いて…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その49)

トウテイラン、コムラサキの実  一昨日、箱根湿生花園に久し振りに行って来た。前回、同園を訪れたのは8月14日だったので2ヶ月半ぶりだった。園内はすっかり秋の景色に変わっていた。咲いている草花も少なく、木の実や紅葉を中心に見てきたのでその模様を何回かに分けて綴る。 《トウテイラン(洞庭藍)》  草花で初めて見たものは、このト…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その48)           

シラヒゲソウ、モミジガサ 《シラヒゲソウ(白鬚草)》  湿生花園の湿った岩場に珍しい白い花が咲いていた。 白色のカワラナデシコの様に花弁が細かく割れている。近くにあった標識を見ると、シラヒゲソウ(白鬚草)とあった。仙人の白い鬚の感じもあり、良いネーミングだと感じた。  花の中に黄色の小さな丸い物が見える。別の花を横…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その47)           

ミソハギ、ルリトラノオ、ヒメトラノオ  8月14日に箱根湿生花園に行って来た。1週間経ってしまったが今日から暫くの間、その模様を綴る。 《ミソハギ(禊萩)》  湿生花園の何ヶ所かにミソハギが一塊になって咲いている。草丈が高く他の植物の上に飛び出て見えるので何処の塊も見事だ。  ミソハギは昨年の8月に箱根湿生花園の花(…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その46)           

イヌゴマ、ニガグサ、ホツツジ 《イヌゴマ(犬胡麻)》  植生復元区の草叢の中には色々の花が咲いている。  その草叢の中を良く見ると、薄紫色の唇形の可愛い花が見えた。  シソ科のイヌゴマだった。マクロで花を撮影した。上唇は兜状で、下唇は3裂し紅紫色の斑紋がある綺麗な花だった。  分果がゴマに似ているが、役にたたな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その45)          

カワラナデシコ、エンビセンノウ、フシグロセンノウ 《カワラナデシコ》  カワラナデシコは先日の飯盛山でも見てきたが、ここ湿生花園の植生復元区の中でも一際、目だって咲いていた。  上画像の右側のピンク色の花がカワラナデシコだ。参考に左側に見える青色の花はヒメトラノオで昨年の8月28日の箱根湿生花園の花(その2)で既に綴っている。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その44)          

アギナシ、オオダイコンソウ、ヒツジグサ 《アギナシ(顎無し)》  植生復元区の一番東側の所に白い花が点々と咲いていた。オモダカ科のアギナシだった。  アギナシは雌雄同株で、茎の上部には雄花(黄色)が咲き、根元の方に雌花(緑色)が出来る。  花は花茎に3個ずつ数段になって咲く。雄花を下左に、雌花を下右に載せる。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その43)           

カセンソウ、オトギリソウ、チダケサシ 《カセンソウ》  植生復元区に黄色の花が一塊になって咲いていた。  キク科のカセンソウ(歌仙草)だった。歌仙草とは面白そうな名前なので由来を調べたが、どの資料にも不明とあった。 <カセンソウ(歌仙草)>   キク科、オグルマ属 <特徴>   多年草、明るい草地に生える …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その42)           

コバギボウシ、タチギボウシ、ウバユリ  8月3日に箱根湿生花園に行って来た。今日から暫く、その模様を綴る事とする。 《コバギボウシ(小葉擬宝珠)》  コバギボウシに付いては6月30日の箱根湿生花園の花(その38)で綴った。その時は咲き始めだったが、今回訪れた時には仙石湿原区を初めアチコチで咲き誇っていたので、再度取り上げる…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その41)           

クルマユリ、オオバジャノヒゲ、オカトラノオ  昨日に続き、箱根湿生花園に咲いている花を綴る。今日はユリ科の花を中心に綴る。 《クルマユリ(車百合)》  通路沿いの木の下にオニユリ や コオニユリ に似たユリが咲いていた。茎の中程に葉が車輪のように付いているのでクルマユリ(車百合)だ。 <クルマユリ(車百合)> …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その40)           

カキラン、ミズチドリ  昨日に続き、箱根湿生花園に咲いている花を綴る。今日はラン科の花だ。 《カキラン(柿蘭)》  池を覘く草むらの中に一株だけだが黄色の可愛い花を付けていた。ラン科のカキラン(柿蘭)だった。  別の場所で群生していた。 <カキラン(柿蘭)>   ラン科、カキラン属   名前の由来:花色が柿…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その39)           

シキンカラマツ、ワスレナグサ、ミヤマアケボノソウ  今日は箱根湿生花園に咲いている花を綴る。  《シキンカラマツ》  通路を歩いて行くと紅紫色の綺麗な花が目に付いた。横の説明板にキンポウゲ科のシキンカラマツ(紫錦唐松)と記されていた。  キンポウゲ科の花なので花弁は無く、綺麗な紅紫色のものは萼片だ。名前の由来…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その38)           

オオバギボウシ、コバギボウシ、クガイソウ  今日は、湿生花園に咲いている背の大きい植物を綴る。 《オオバギボウシ(大葉擬宝珠)》  オオバギボウシは木道から少し離れた所に群生していた。この花には足和田山の明るい山頂で出合った事がある。今回は、薄暗い林の下だった。 <オオバギボウシ(大葉擬宝珠)>   ユリ科、ギ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その37)           

ヒメユリ、キンコウカ、トクダマ  今日は、箱根湿生花園に咲いていたユリ科の花を綴る。 《ヒメユリ(姫百合)》  真っ赤なユリが咲いていた。花弁だけでなく雄しべや雌しべまで真っ赤だ。 <ヒメユリ(姫百合)>   ユリ科、 <特徴>   多年草、近畿地方より南西側の山地などに生える   5~6月に咲く   …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その36)           

マツモトセンノウ、フシグロセンノウ、センジュガンピ  今日は箱根湿生花園で咲いていたナデシコ科の花々を綴る。 《マツモトセンノウ(松本仙翁)》  花壇の草叢の中に一際目立つ赤色の花が咲いていた。説明板にマツモトセンノウ(松本仙翁)とあった。  名前の由来は花の形が歌舞伎役者の松本幸四郎の紋所に似ていることからマツモト…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その35)           

シモツケ、シロバナシモツケ、コシジシモツケソウ、ホザキシモツケ  今日は箱根湿生花園に咲いていた、バラ科のシモツケの仲間を綴る事とする。 《シモツケ(下野)》  シモツケは香貫山の植物として既に綴っているが、湿生花園に咲いているシモツケの仲間の本家として先ず最初に載せる。 《シロバナシモツケ(白花下野)》  シモツ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その34)           

ノハナショウブ、ハナショウブ 《ノハナショウブ》  梅雨空の下、今、箱根湿生花園の湿原ではノハナショウブ(野花菖蒲)が可憐な花を咲かせている。  湿原の緑の中で又、池をバックにして赤紫の花が良く目立つ。  ノハナショウブはハナショウブの原種で、花弁の中央に黄色の筋が入るのが特徴だ。箱根仙石原のものはやや小型だと説…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その33)           

イブキトラノオ、ヒメサユリ、クロユリ 《イブキトラノオ》  ヌマガヤ草原区で、緑の草原から白いブラシ状の花が見事に立ち並んでいた。タデ科のイブキトラノオ(伊吹虎の尾)だ。  花弁はなく、長さ3~4mmの萼が5深裂する。雄しべは8個で萼より少し長い。花柱は3個と有るが次の画像で何処まで認識できるか? <イブキトラノ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その32)           

ヒオウギアヤメ、ヒメシャガ、ヤブデマリ 《ヒオウギアヤメ》  湿地の木道脇に青紫のアヤメに似た花が咲いていた。葉がヒオウギに似ているヒオウギアヤメ(檜扇文目)だ。  外花被片は長くて垂れ下がり基部に黄と紫の虎斑模様がありアヤメに良く似ている。内花被片は小さくてアヤメの様には立ち上がらない。 <ヒオウギアヤメ(檜扇文目…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その31)           

サンショウバラ、チョウジソウ、クリンソウ  昨日綴ったヒマラヤの青いケシの撮影を終わると雨が降ってきた。それ以降は傘を差しながらの撮影となってしまったし、花には水滴が付いた姿となってしまった。 《サンショウバラ》  ヒマラヤの青いケシの近くにピンクの花を付けた潅木があった。  説明板を見るとサンショウバラ(山椒薔薇)…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

箱根湿生花園の花(その30)           

ヒマラヤの青いケシ、コマクサ、四季咲きコマクサ 《ヒマラヤの青いケシ》  箱根湿生花園のヒマラヤの青いケシを見る為に、2回計画を立てたが雨で行けなかった。3度目の正直で6月1日にやっと行って来た。しかし、箱根に着くと今にも雨が降りそうな雲行きになって来た。  そんな曇り空の下でも、青いケシの花達は凛として立ち並んでいた。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more