テーマ:ヒメユズリハ

香貫山の植物  マルバノホロシ (番外編 ヒメユズリハ)   

 香貫山で今、気になっている赤い実がある。登山道脇の斜面で緑の草が減ってきた所にみずみずしい赤色の液果なので良く目立つ。                   (この赤い実は何の実かな?)  別の斜面でも赤い実が沢山吊る下がっている。    (高さ約4mの斜面に稔った赤い実)         (左画像の拡大画像)  他の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香貫山の植物  シラヤマギク (番外編 ヒメユズリハ)

 今年もキク科の花の先陣をきってシラヤマギク(白山菊)が咲きだしている。シラヤマギクに付いては昨年の10月3日に綴ったが、その時の画像を含めて綴り直す。                  (シラヤマギク  昨年10月3日ブログより)     名前の由来は、草丈が高く、白い花が目立ち、山地に生えるキクと言う意味だと、資料にある。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

香貫山の植物  ヒメユズリハ (番外編 クロガネモチ)     

 ヒメユズリハ(姫譲葉)の花が咲き始めた。同じ科、属のユズリハに付いては5月2日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_2.html) 約1ヶ月遅れの開花となった。ヒメユズリハもユズリハと同様に新葉を見届けてから古い葉が散る。開花時期を迎えて新葉が伸び始めている。  …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  イヌツゲ、ヒメユズリハ他          

香貫山の草花(その13) 他(クスノキ、ヤブニッケイ)  梅雨時のどんよりした曇り空の中を、香貫山に登ってきた。そんな天候だが、汗も軽くかく程度で爽やかに歩いて来た。今日は、香貫山の木の花について綴る。 《イヌツゲ》  先ず、イヌツゲ(犬柘植)だ。この木は雌雄異株だ。雌花は葉腋から1つの花が咲くが、雄花は葉腋から長さ5~1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more