テーマ:ウォーキング

玄岳ウォーキング(最終回)

氷ヶ池下~丹那断層 【氷ヶ池下 12:30発】  昼食の後、函南方面へと下った。杉や檜の植林を一気に降りると緑の牧草が輝いていた牧場へと出た。バックには富士山も見えて、そこまでの暗い林間から抜け出たばかりの目には、冬とは思えない鮮やな景色であった。                   (緑の牧草が目に鮮やかな牧場)  更…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

玄岳ウォーキング(その3)

玄岳山頂~氷ヶ池  玄岳山頂で昼食を取るには少し早い時間だったので、コーヒーとお菓子で休憩した。風も無く、暖かな陽を受けてのんびりと360度の眺望を楽しんだ。望遠鏡を持参してきた方が三ツ峠が見える、と声を上げたので覘かせて貰ったら、確かに三ツ峠の山頂にあったアンテナ群が見えた。昨年の12月4日の三ツ峠ウォーキングⅡ(その1)の最後…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

2009年の新年を迎えて

 皆様、明けましておめでとうございます。  今年も健やかにウォーキングを続けて、その中で得られた事をブログに綴って行きたいと考えています。今年も、どうぞ宜しくご指導下さる様、お願い申し上げます。              (箱根山からの初日の出  狩野川堤防上で撮影)  今日のウォーキングは香貫山で、歩数は8,748歩…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大平山ウォーキング(その3)

平尾山~大平山~飯盛山~山中湖  当初の予定は大平山から山中湖に下りる予定であったが、東海自然歩道を歩く為に大平山から尾根道を更に進み、飯盛山、長池山、大出山を通ってから山中湖に下りる事とした。 【平尾山山頂 12:46着】  昨日のブログの一番最後に載せた画像では、富士山は未だ雲に邪魔されていたが、その5分後に到着した平…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

三ツ峠ウォーキングⅡ(最終回)

三ツ峠山(開運山)山頂  そして、三ツ峠山荘から三ツ峠山(開運山)山頂へ向かった。前回見た草花も綺麗な紅葉も今回は何も無い。今回は富士山の美しい姿を撮影する事が目的なので足元だけを見ながら最後の50mほどの急坂を登った。山頂に着いて富士山を見ると、手前に見えていた三ツ峠山の尾根が更に下がり富士山麓が開けて富士山が大きく見えた。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

三ツ峠ウォーキングⅡ(その1)

御殿場~三ツ峠山荘  昨日も綴った様に、私の富士山百景入りを目指して先の日曜日に三ツ峠山に行って来た。この日も御殿場、山中湖、河口湖を経て三ツ峠登山口へと向かった。この日は朝から雲一つ無い良い天気で、車中から見る富士山は何処から見ても素晴らしい姿だった。          (御殿場市の138号線沿い 7時40分 右画像は左画像の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

楽寿園の紅葉(最終回)

常盤の森の紅葉  楽寿館の屋根の上に飛び出ているモミジが綺麗に紅葉していた。明るい日差しを受けている為もあったが、この日一番真っ赤に色付いていた。                   (一番真っ赤に色付いたモミジ)  楽寿館の前を過ぎ、太鼓橋を渡って常盤の森に入る。                   (常盤の森の入口か…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

楽寿園の紅葉(その1)

小浜の森  三島駅南口のすぐ前に、三島市立公園「楽寿園(らくじゅえん)」がある。ここは、明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたもので、昭和27年より市立公園として三島市が管理運営している。その楽寿園の紅葉が素晴らしいと聞き、早速紅葉狩りに繰り出した。駅前口に向うと、綺麗に紅葉したモミジとドウダンツツジ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

香貫山の植物  リュウノウギク  

リュウノウギク(竜脳菊)  今、香貫山の登山道脇の斜面に白い野菊が咲いている。葉の形が3裂し縁に鋸歯が無いのでリュウノウギクだ。         (リュウノウギク)               (葉は3裂し縁に鋸歯は無く平滑)  ノコンギクが登山道脇の平地に生えているのに対し、リュウノウギクは他の草が生えていない斜面に茎を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

石割山ウォーキング(その5)    

石割山の草花と木の実  平尾山からは更に大平山、長池山、山中湖湖畔へと富士山を見ながらの尾根道は続く。                (富士山へ向って下る尾根道は更に続く)  しかし、この日はスタート地点の駐車場に戻る計画だったので、後ろ髪引かれる思いで平野バス停方向の道を下り、途中で左に折れてスタート地点の駐車場に戻った…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

香貫山の植物  キッコウハグマ  

キッコウハグマ(亀甲白熊)  香貫山の登山道脇の斜面に小さな白い花が咲き始めた。先日金冠山で見たテイショウソウと同じキク科、モミジハグマ属のキッコウハグマだ。            (キッコウハグマ 同一の花を撮影する角度を変えて見た) <キッコウハグマの花>  5枚の花弁を持つ小さい花が3つ集まって咲く事と、薄紫色のシ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

香貫山の植物  ジュズダマ  

ジュズダマ(数珠玉)  香貫山の水飲み場の排水路に、背の低いトウモロコシに似た草が生えている。イネ科のジュズダマの株だ。                         (ジュズダマ) <ジュズダマの花>  ジュズダマは雌雄同株だ。葉脇から顔を出した花茎の先端に丸い雌花が付き、その先端から白いブラシ状の花柱を出す。  …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  アオツヅラフジ  

<アオツヅラフジの実>  アオツヅラフジ(青葛藤)の花に付いては今年の6月22日に綴っている。雌花を見たトベラの木を覘いて見ると白い粉を被った藍黒色の実が生っていた。             (白い粉を被って藍黒色に熟したアオツヅラフジの実)  アオツヅラフジの別名はカミエビで、この白い粉をカビ、実をブドウ(エビはブドウの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  静浦漁港(その1)   

 沼津海岸線ウォーキングは前回で沼津御用邸まで進んで来た。その先の静浦海岸は昨年の8月21日に綴っているので、今日はその先の静浦漁港に付いて綴る。  先ずは今年の2月に沼津アルプスの馬込(まごめ)峠付近から撮影した画像を載せる。         (馬込峠から見た静浦漁港 2月17日撮影 2回クリックで拡大可)  静浦漁港は中央…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング 大瀬崎~井田

大瀬崎~井田(その2)  井田トンネルを覘いてみると、歩道は人間が一人歩くには十分な広さがあり、ネオンランプが点灯していて十分明るかった。車が来ない事を祈って中に入った。幸いにも車は上下線で各1台しか通らなかった。しかし、乗用車1台が通るだけでその轟音たるやすざましい。トンネルに入る前から轟音が始まり、横を通過する時にピークに達し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ツルマンネングサ (番外編 コゴメマンネングサ)      

 香貫山の舗装道路脇に黄色の花が一塊になって咲いている。ベンケイソウ科のツルマンネングサ(蔓万年草)だ。                    (ツルマンネングサ)  花弁は5個で黄色。雄しべもしっかり見えるが、普通は結実しないと資料にある。                      (星のような花のツルマンネングサ) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津御用邸記念公園(その8)

西付属邸御殿(そのⅣ)  今日は皇族が居住に使用していた部分を中心に綴る。                       (西庭から見る居住部分)  昨日同様、今日も西付属邸に残る家具や修復工事のポイントも含めて綴る事とする。 (西付属邸御殿平面図)  今日は左の平面図中の赤丸部を綴る。 (御座所の全体) …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ムラサキカタバミ、イモカタバミ (番外編 オキザリス)  

 昨日は黄色のカタバミ2種を綴ったが、今日はピンク色のカタバミ2種を綴る。黄色のカタバミよりも花が大きくて綺麗だ。 <ムラサキカタバミの花>  ムラサキカタバミと次に載せるイモカタバミは良く似ている。相違点を次に纏めるので上下の画像と合わせて見比べて下さい。                花弁の色   花の中央部の色    葯…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  スダジイ    

 今日は秋に綺麗なドングリを稔らせるブナ科のスダジイ(すだ椎)について綴る。 <スダジイの実>  スダジイの実は昨年の10月末に見つけていた。                          (スダジイの実) コナラの実に比べると実を包む殻斗(かくと)が実全体を覆っている。                    …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

香貫山の植物  ユキノシタ   

 香貫山には幾つかの登山口がある。その一つの登山口に、以前ユキノシタが生えているのを見ていた。先日、近所のお宅でユキノシタの花が咲いているのを見たので、その登山口へ行ってみた。暗がりの中で、ユキノシタの可愛い花が咲いていた。                       (ユキノシタの可愛らしい花)  近所のユキノシタの花と比べる…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津御用邸記念公園(その3)

東付属邸  東付属邸は本邸が完成した10年後の明治36年に赤坂離宮東宮太夫官舎を移築し、皇孫殿下(昭和天皇)の御学問所として造営された。 (東付属邸正面)  西付属邸正面に比べると人影も少なく、静かな正面入口。 (主玄関)  この日は二つの展示会があり、展示を見る為に建物の中に入れたが、他の用途に部屋が貸し出さ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

沼津海岸線ウォーキング  沼津御用邸記念公園(その2)

沼津御用邸・本邸跡  昨日綴った様に、沼津御用邸の本邸は昭和20年の沼津大空襲で焼失してしまい現存していない。付属施設の一部は現存しているので、今日はそれらを綴る事とするが果たして昔の姿が偲ばれるだろうか? (本邸正門)  この正門は天皇、皇后両陛下の専用門  明治26年開設当時は黒塗りの角材で造られた  …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  マユミ   

 マユミの赤い実に付いては昨年の11月29日に綴った。そこではマユミの花を今春の5~6月に観察すると記した。  未だ、早いかな、と思っていたがマユミの木を覘いてみると咲き始めていた。                      (既に開花が始まっていたマユミの花)  半月前はまだまだ堅い蕾であった。              …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ホタルカズラ   

 今日は1年振りに再会できた花、ホタルカズラ(蛍葛)を綴る。ホタルカズラに付いては昨年の5月20日の番外編で綴った。そこでは花期の最後であった為に1回しか見れず、情報不足でブログアップ出来なかった。  今年も、昨年と同じ所に咲いていた。しかも2株に花が咲いていて、それぞれに3輪づつの花を付けていた。                 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

香貫山の植物  ハナイカダ   

 今日は久し振りに香貫山の植物を綴る。ハナイカダの実に付いては昨年の5月8日と6月29日の番外編に綴り、5月8日の番外編に集約した。花を今春に見るのが宿題になっていたが、ここに来て花が咲いたので以下に綴る事とする。実に関しては5月8日の番外編から転載しておく事とする。 <ハナイカダの花>  ハナイカダは雌雄異株だ。先ずは雌花から記載…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

時之栖イルミネーション(その2)

 昨日に続き時之栖のイルミネーションを綴る。今日は桜並木のトンネル以外のイルミネーションを綴る。  トンネルを出ると最初に目に入るのが教会のイルミネーションだ。昨年はこんなに派手ではなかった様に記憶しているが。                         (教会のイルミネーション)  右に曲がってバス乗り場のホテル方向に向…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

シダンゴ山ウォーキング(その2)

 今日は昨日のシダンゴ山ウォーキングの続きを綴る。  山頂からは360度の展望が出来る。西方向の富士山は昨日掲載したので今日は北方向から掲載する。                        (丹沢山系  北方向)                          (大山  東方向)  シダンゴ山頂からの眺望は富士山よりも、大…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大平山ウォーキング(その3)

 今日も大平山ウォーキングの続きを綴る。  残雪でぬかるんだ山道を登りきると、やはり山頂であった。心配した残雪は、登山道脇には大分積もっていたが幸いにして人が歩くところには残っていなかった。                          (大平山山頂)    大平山は海岸に近くて海が良く見渡せる。海上には初島や伊豆大島も…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

大平山ウォーキング(その2)

 今日は昨日に続き大平山ウォーキングについて綴る。  ユーカリの木が生えている所を過ぎてヒノキ林の中を進むと落ち葉の上に白い物が見える。残雪だった。                        (ヒノキ林の下に雪が残っていた)  更に進むと雪は見えなくなり、大きな石が見えて来た。標識を見ると「江戸城構築用石丁場跡と刻印石の分…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初雪(その2)

 香貫山に今朝も雪が積もった。2日連続だ。早速、香貫山に行ってきた。展望台付近の昨日のポイントで愛鷹山を撮影した。今朝は富士山も雪化粧し直して姿を見せていた。                 (雪の香貫山から雪の愛鷹山/富士山を望む)  逆光で見難いが、今朝は象山の背中にも薄く白い雪が見える。                 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more