テーマ:高山植物

鳳凰三山のタカネビランジ

 今回の鳳凰三山縦走の一つの目的は南アルプスの特産種で、白砂のガレ地に咲くタカネビランジの観察であった。  色は白から濃紅紫色と変化に富む。鳳凰三山縦走では紅紫色が多かった。  岩の割れ目や岩陰に健気に咲く様子は高山の砂礫に咲くコマクサを思い出させる。  鳳凰三山は花崗岩で出来ていてそれが砕けて出来た砂は白色で綺麗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立山・室堂

 三日目は雷鳥荘から室堂平を室堂ターミナルまで歩き、往路と同じバスやロープウエイを乗り継いで扇沢へ、そして沼津へと向かう。以下に室堂平での風景と高山植物を記すこととする。  立山室堂山荘付近から望む立山、右から左へ、雄山(3,003m)、大汝山(3,015m)、富士ノ折立(2,999m)。せめて前日がこの様に稜線を望めたならばと悔…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北岳(その2)

 小太郎尾根分岐からは森林限界を超え、岩と砂礫の道に変わり、  登山道脇は高山植物のお花畑に変わる。                                 <ヨツバシオガマ>                                 <オヤマノエンドウ>                        …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北岳のキタダケソウ

 北岳にだけ咲くキタダケソウは一度は見てみたい花だったので、北岳山行は梅雨時の7月初めを予定していた。幸いにもキタダケソウの花を見ることが出来た。 <キタダケソウ(北岳草)>   キンポウゲ科、キタダケソウ属   名前の由来:北岳の固有種 <特徴>   草丈10cm前後の多年草。   葉は長い柄があり、数回深く裂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木曾駒ケ岳ウォーキング(その3)     

 今日は木曾駒ケ岳で会った、昨日綴った白色と黄色の花を除いた他の花について綴る。今回の木曾駒ケ岳で一番期待していた花はクロユリだった。今までに写真でしか見ていなかった。幸いにしてお花畑の中で、真っ青の空をバックにして見る事が出来た。 (緑の草々と青空をバックにしたクロユリ) (クロユリ)  クルマユリも数は少なかったが咲いてい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

入笠山ウォーキング     

 今日は地元のウォーキング会に参加して、長野県にある入笠山に行って来た。コースは沢入登山口~入笠湿原~御所平峠~入笠山山頂~大阿原湿原~入笠湿原~沢入登山口で、歩行時間は約4時間30分でした。  天気予報では降水確率10%であったが曇り空、歩くには涼しくて良かったが景色を見るには残念な一日でした。入笠山のビューポイントは360度の…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more