テーマ:白馬岳

白馬岳ウォーキング(最終回)           

白馬尻小屋(1,560m)~猿倉荘(1,250m)  昼食と充分な休息を取って、白馬尻小屋を後にした。道は相変わらず丈の大きな草の中を進んだ。背が高過ぎて撮影出来なかったオオハナウドの小振りの株が有ったので少し引き寄せて撮影した。とても綺麗な花だった。 <オオハナウド(大花独活)>   セリ科、ハナウド属 <特徴> …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その14)          

葱平(2,250m)~大雪渓~白馬尻小屋(1,560m) 【大雪渓 9:00発】  アイゼンを着けて雪渓を下り始めた。初めての経験なので最初は恐る恐るであったが、コツが解ると歩き易い。10分程歩いた所で暫し立ち止まって、左右の景色を撮影した。  どちらも急斜面に接していて岸は無い。岩が落ちてくれば雪渓の上をコロコロ落下する…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その13)          

白馬山荘(2,832m)~葱平(2,250m)  -白馬岳ウォーキング第3日- 【白馬岳中腹 5時~】  ご来光を見る為に、5時少し前に白馬山荘北側の稜線に出かけた。本当は白馬岳山頂まで行きたかったのだが、間に合いそうもなかった。  陽が昇る東方向は雲海が広がっていて、そこからご来光を拝める事が出来た。  何とも言…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その12)          

白馬山荘(2,832m)~杓子岳(2,812m)~白馬山荘(2,832m)(後半)  尾根道が平坦になった所で、大雪渓への入口の葱平辺りが見えて来た。  葱平付近をズームで撮影した。  雪渓の上を安全に通る為に、雪渓の中央部に赤いベンガラで線が引かれているのだが遠く、ガスの中から見る為か、黒い線になって見えていた。明日…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その11)          

白馬山荘(2,832m)~杓子岳(2,812m)~白馬山荘(2,832m)(前半)  昼食は、白馬山荘とは別建物のレストランスカイプラザ白馬でラーメンを食べた。白馬岳山頂からの下りは霧の中でしかも風が強かった為、体が冷えていて温かいラーメンはとても美味しかった。  ここには缶ビールだけではなく、生ビールまである。これは晩まで…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その10)          

小蓮華山(2,766m)~三国境(2,751m)~白馬岳(2,932m)~白馬山荘(2,832m)  小蓮華山から、これから進む山々をパノラマ撮影した。険しい山姿が続いているが、何とも美しい景色だった。暫くの間、見惚れていた。  次画像の左下から右奥に向って進む。右奥に見える雲の掛かった山が白馬岳だろう。後、2時間は掛かると案内…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その9)          

白馬大池(2,380m)~小蓮華山(2,766m)(後半)  遠くの山に掛かっていた雲が消えてきて、急斜面の向うに厳しい山々が連なって見えて来た。明日、登山を予定している杓子岳から西に連なっている山々の様だ。  足元の岩の間に貼り付く様に可愛い花が咲いていた。イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)だ。草本だとばかり思っていたが、調…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その8)          

白馬大池(2,380m)~小蓮華山(2,766m)(前半)  -白馬岳ウォーキング第2日-  白馬岳ウォーキング二日目を迎えて、朝焼けを撮影する為に早く外に出て待ち構えたが、残念ながら東の空は雲に覆われて期待する朝焼けを撮影出来なかった。  しかし、西方向の空は良く晴れていて、白馬大池とこの日に登る雷鳥坂コースが綺麗に見え…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その7)          

小雪渓~乗鞍岳(2,436m)~白馬大池(2,380m) 【小雪渓 15:35発】  小休止の後、乗鞍岳から白馬大池を目指して進む。登山道脇に、花情報に載っていたダイニチアザミとハナニガナ(花苦菜)(*)が並んで咲いていた。ダイニチアザミは本シリーズの(その3)で既に綴った。 <ハナニガナ(花苦菜)>   キク科、ニガナ属 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その6)          

天狗原(2,200m)~小雪渓(後半)   暫く進むと右手に雪渓が見えて来た。白馬大池に行く為には、この小雪渓を渡る必要が有る。  岩場には花情報にも載っていたハクサンフウロ(白山風露)(*)とモミジカラマツ(紅葉唐松)(*)が咲いていた。  ハクサンフウロ(白山風露)には昨年の9月に箱根湿生花園で、今年も7月に美ヶ原…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その5)          

天狗原(2,200m)~小雪渓(前半) 【天狗原 14:25発】  天狗原の木道から見た景色を以下に載せる。水をたたえた池塘もあれば乾いた池塘も有った。どちらの池塘にも花のシーズンを終えたのか山野草の花を見る事が出来なかった。  暫くすると、白や赤の花を群生させていた池塘が現れた。  近づいて接写すると、赤い方は…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その4) (番外編 夏の夕焼け)

銀嶺水~天狗原(2,200m) 【銀嶺水 13:45発】  銀嶺水をスタートして10分くらい歩いた所で後を振り返ると、麓が広く見えていた。  上画像の左に見えている台地状の所がロープウェイの終点駅や栂池ヒュッテのある所だろうか?  ズーム撮影してみたが、それらしき建物が見えなかった。  赤い実が生っていた。花情報に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その3)           

栂池ヒュッテ(1,860m)~銀嶺水 【栂池ヒュッテ 12:45発】  昼食を取った後、栂池ヒュッテ横から登山道に入った。これから登る山を見上げると嶺が続いている。目指す白馬岳はどれだろうか?  上空に雲が見えるが、山頂部や栂池ヒュッテ上空は青空で、登山中の天気は良さそうだった。  登山道を歩き始めると直ぐに、珍しい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その2)           

自然園駅(1,829m)~栂池ヒュッテ(1,860m)  今回のルートを栂池高原駅内にあった案内図に赤い点線を入れて以下に載せる。  今日はロープウェイの終点駅の自然園駅から登山口の栂池ヒュッテまでを綴る。 【自然園駅 11:55発】  自然園駅を出るとヤナギラン(*)が迎えてくれていた。  栂池ヒュッテまでは…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

白馬岳ウォーキング(その1)           

栂池高原駅(831m)~自然園駅(1,829m)  -白馬岳ウォーキング第1日-  8月23日~25日に白馬岳に行って来たので、今日からその模様を綴る。  JR大糸線に平行して走っている国道148号線から見た白馬連山を先ず載せる。 神々しい山々が連なって見える。どの山が白馬岳だろうか?  所々に、雪渓が見える。今回は…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more