テーマ:ウメモドキ

香貫山の植物  ナンテン (番外編 ウメモドキ)

 ナンテンに付いては一昨年の6月20日に花のみを綴った。今日は、この時の記述を含めて綴り直す事とする。 <ナンテンの花>  民家に近い所に南天の白い花が咲いていた。当然だが、秋に赤い実がなる形状と同じ形状で白い花が咲いている。赤い実は良く目立つが、白の花はあまり目立たない。                   (ナンテンの花)…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  ヤハズソウ (番外編 ウメモドキ)

 香貫山の登山道脇の低い草叢に小さな蝶形花を付けた草が群生している。ヤハズソウ(矢筈草)だ。                (ハギの様な蝶形花を付けたヤハズソウ)  名前の由来は葉の先端を摘んで引きちぎると矢筈(矢の弦にかける部分)のようになるから。  実際に上の画像の中の葉を引きちぎってみた。               …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

香貫山の植物  マツカゼソウ (番外編 ウメモドキ)     

 香貫山の登山道で草姿がアキカラマツに良く似た草が今年も白い花を咲かせている。マツカゼソウ(松風草)だ。                   (小さな可愛い花のマツカゼソウ)  山地の林縁など半日陰地に生える、と資料にある。このマツカゼソウが生えている所は、北向き斜面でしかも上は木に覆われている為一日中、日が当たらない所だ。当た…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

香貫山の植物  ウメモドキ (番外編 ノイバラ)

 香貫山の尾根道に有る休憩所の近くでウメモドキ(梅擬)の花を見つけた。                (ウメモドキの雄花)  このウメモドキは隣接しているミツバツツジと一緒に植栽された様だ。20本程が綺麗に並んでいるし、木の名前が書かれている標識も立てて有る。この標識でウメモドキと分ったので帰宅して名前を調べる必要も無くなって喜…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more