黒岳

 釈迦ヶ岳山頂から次に向かう黒岳を望む。地図を見ると、一旦大きく下ってそれ以上に登り返す必要がある。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:黒岳(1792m) 登山日時:2014年5月25日(日) 天    候:晴れ コ ー ス:釈迦ヶ岳入口(8:45)…

続きを読むread more

釈迦ヶ岳

 5月25日に山梨百名山の釈迦ヶ岳と黒岳に登ってきた。今回は釈迦ヶ岳を綴る。釈迦ヶ岳の山容は三角錐で美しく、周辺の山々の中で一際目立つ存在だ。釈迦ヶ岳の右奥に見えるのが黒岳だ。                            <2012年4月15日大栃山登山時、神座山から撮影> -----------------<山行概…

続きを読むread more

大札山

 蕎麦粒山を下山した後、林道赤石線を山犬段から約5km程下った大札山の肩登山口に向かった。  登山口にシロヤシオの説明板がある。シロヤシオは愛子様のお印の花だ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:大札山(1374m) 登山日時:2014年5月18日(日…

続きを読むread more

蕎麦粒山

 先週の日曜日、静岡県中部にある蕎麦粒山(そばつぶやま)と言う珍しい名前の山に行ってきた。蕎麦粒山はシロヤシオで有名な山で、その観賞を目的とした山行であった。  蕎麦粒山登山口へ向かう車中から見た蕎麦粒山は新緑に覆われて瑞々しかった。                     -----------------<山行概要>-…

続きを読むread more

赤城山(その3)

 駒ケ岳登山口に降り立った後、30分で一周できる覚満淵へ向かう。しかし湖の周りは芽吹き始めた木々と枯れ草原で春はまだまだであった。  湖畔の道を進むと湖と反対側にマメザクラの様に小さな花を付けた木が一本立っていた。    覚満淵の一番奥から湖を望む。  湖と反対側の山斜面に赤い花が樹間に見えた。斜面をよじ登って近づいて見…

続きを読むread more

赤城山(その2)

 黒檜山山頂での昼食を終え、駒ケ岳に向かう。大沼への分岐を右に見送り、暫く進むと大きな鳥居が立っている御黒檜大神に到着。  登山の安全を祈願して先に進む。進行方向を見上げると、まるで天空の山に囲まれた様な小さな湖が見える。小沼だ。  ここから登山道は急な下りとなる。これから進む登山道が笹原の中に一本道としてみえる。  …

続きを読むread more

赤城山(その1)

 筑波山に登った翌日、筑波から群馬の赤城山へと向かった。関東平野を横断し前橋市内で大きな赤い鳥居をくぐると目的地の赤城山が見えた。  赤城山は幾つかの山の総称で、今回は黒檜山(1828m)と駒ケ岳(1685m)に登った。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:赤城山(…

続きを読むread more

筑波山(その3)

 自然研究路から御幸ヶ原に戻り、暫く休憩して女体山に向かう。こちらの登山口にも大勢の登山客や観光客が行きかっていた。  登山道は新緑の木々の中を進む。カタクリの里とある。早春にはカタクリの群生が見られたのだろうか。  登山道脇に初めて見る青紫の花が咲いていた。同行者にヒイラギソウと教えて貰った。  女体山までの途中に奇…

続きを読むread more

筑波山(その2)

 御幸ヶ原で昼食をとった後、男体山山頂を一巡りする筑波山自然研究路に向かった。  しかし、コースの途中が通行止めになっているので一周せず、途中から引き返すこととした。コースには様々な山野草が咲いていた。以下にそれらを列挙する。                                  <ヤマブキソウ>         …

続きを読むread more

筑波山(その1)

 先週の日曜日、関東平野を一望できる筑波山に登った。筑波山は日本百名山の中で一番低い山である。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:筑波山(877m) 登山日時:2014年5月11日(日) 天    候:晴れ コ ー ス:筑波神社前(9:45)~宮脇駅(9…

続きを読むread more

ドングリの若木

 今年の3月、小仏城山でどんぐりの実が割れて若芽が出そうな様子を見た。  先日、沼津アルプスでそのドングリの若芽が若木に育っている所を見つけた。若木といっても、まだまだ双葉の状態だが。  どんぐりの実を未だ付けているが、養分を実からではなく自らの根から摂っているいる様に見える。  小仏城山で見たドングリの実が割れて若芽が出…

続きを読むread more

御前山(その2)

 惣岳山での昼食を終え御前山山頂に向かう。この区間がカタクリの群生している所なので期待して進む。登山道脇にカタクリが青空をバックにして凛として立っている。  カタクリの咲いている所に人が入らない様に登山道の両側がロープで仕切られている。  しかし、ロープの中は枯葉ばかりでカタクリの花はパラパラとしか咲いていない。人が入り込む…

続きを読むread more

御前山(その1)

 大岳山山行の翌週、大岳山の西隣にある御前山に登った。御前山はカタクリで有名で、そのカタクリを求めての山行だった。  奥多摩湖バス停をスタートして小河内ダム堰堤上を進み奥多摩湖の対岸へ渡る。萌黄色に染まり始めた山々に囲まれた奥多摩湖は青空の下で静かな朝を迎えていた。 -----------------<山行概要>--------…

続きを読むread more

アツモリソウ

 今日は、一昨日のクマガイソウと同じラン科アツモリソウ属のアツモリソウを綴る。この花は昨年の6月9日に登った入笠山の山小屋の花壇に咲いていた。  同じ花壇に、キバナアツモリソウも咲いていた。  一昨日のクマガイソウも今日のアツモリソウも初めて見る花であった。これらが自然界の中ではなく、人が管理している中でしか見れないのが残念…

続きを読むread more

クマガイソウ

 高柄山からの帰り道に倉見山の麓にあるクマガイソウ群生地を訪れた。期待通りのクマガイソウを見ることが出来た。  この群生地を知ったのは、高柄山登山の1年前に倉見山に登った際、下山中見つけた道標にクマガイソウ群生地とあった。この時はクマガイソウ群生地を通らなかったが存在を知ったので何時かは訪れようと考えていた。  ネットで開花情報…

続きを読むread more

高柄山

 2年前の5月、山梨百名山の高柄山に登った。この山ではキンラン、ギンラン、ササバギンランとの出会の登山であった。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:高柄山(733m) 登山日時:2012年5月20日(日) 天    候:晴れ コ ー ス:四方津駅(9…

続きを読むread more

大岳山(その2)

馬頭刈尾根に出た所はつづら岩だった。  霧に包まれた垂直に切り立った岩壁を良く見ると、岩壁の中程まで登っているグループとこれから登るグループがいた。  岩壁の横を通り過ぎる。  すると笹に覆われた平坦な尾根道になりホッとして歩を進める。  しかし、その先は再び岩場の道となり階段も現れる。  岩尾根を暫く進むと登…

続きを読むread more

大岳山(その1)

 昨日、奥多摩にある大岳山に登った。払沢の滝駐車場を出て大岳山方向を見上げると山肌から霧が立ち上がっていた。雨上がりに良く見る光景なので山頂に着く頃には晴れるかなと期待した。 -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:大岳山(1,266m) 登山日時:2014年4月20…

続きを読むread more

私の富士山百景 93番 茅ヶ岳

冬の雑木林と富士山                       2012年12月16日 茅ヶ岳山頂にて撮影  手前の雑木は葉を完全に落としているので富士山を含む山々の展望には邪魔にならず、むしろ引き立て役になっている。  茅ヶ岳にはこの画像を撮影した時よりも3年前の2009年11月にも登っている。その時の茅ヶ岳山頂の画…

続きを読むread more

権現山

昨年3月、積雪が無さそうで且つ山梨百名山でもある権現山に登った。富士山を含む山頂からの展望を期待したのだが生憎霧の中で何も見ることが出来なかった。                     ビューポイントの標識だけが空しく立っていた -----------------<山行概要>----------------  登頂山名:権…

続きを読むread more