私の富士山百景 104番 大野路(裾野市)

ススキと富士山  ファミリーパークでコスモスを撮影した後、大野路まで足を伸ばした。ここはススキが美しい所だ。  笠雲がもう少し大きくなるのを待ったのだが、ここまでが最大だった。  やはり、自然相手は、なかなか上手くいかないものだ・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の富士山百景 103番 ファミリーパーク(裾野市)

コスモスと富士山  10月3日、朝から富士山がくっきりと見えていたので裾野市にあるヘルシーパークのコスモスを見て来た。  富士山とコスモスのツーショットが撮れたのは良かったのだが、この日は富士山に向かった風が強くてコスモスの花が皆、花弁の裏側をカメラに向けていた。  実は、この10日前にヘルシーパークを訪れたのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清八山

 天下茶屋からの富士山を見た後、茶屋前の御坂みち(137号線)を横切って登山道に入る。すぐ右手に太宰治文学碑が立っている。表面が風化して文字が読み難いが「富士には 月見草が 良く似ふ」と読める。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:清八山(1593m) 登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十枚山

 9月21日、静岡県と山梨県の県境にある十枚山に登ってきた。登山口は静岡県側の関の沢集落の奥の、中の段にある。標高900mの駐車場から見るススキや雲は秋模様だ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:十枚山(1726m) 登山日時:2014年9月21日(日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳凰三山(その4)

-----------------<山行概要>----------------   登頂山名:鳳凰三山:観音岳(2840m)、薬師岳(2780m)、地蔵ヶ岳(2764m) 登山日時:2014年8月3日(日)~4日(月) 天    候:3日:晴れ後曇り 4日:晴れ後曇り コ ー ス:1日目:青木鉱泉(8:10)~南精進…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鳳凰三山(その3)

 賽ノ河原から10分登ると赤抜沢ノ頭に立つ。振り返ると地蔵ヶ岳が薄らとガスを纏って聳え立っている。画像中央に右下から左上に伸びている薄茶色部が砂の急傾斜の登山道だ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:鳳凰三山:観音岳(2840m)、薬師岳(2780m)、地蔵ヶ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

鳳凰三山(その2)

 二日目は鳳凰三山の縦走だ。先月7月8日に登った北岳山頂から見た鳳凰三山を以下に載せるが、今回はこの白ぽい稜線を左の地蔵ヶ岳から右の薬師岳までを歩く。  (画像を2回クリックすると地蔵ヶ岳の矢印の下にオベリスクが確認できる。) -----------------<山行概要>----------------   登頂山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳳凰三山(その1)

 鳳凰三山とは北部南アルプスにある地蔵ヶ岳、観音岳、薬師岳のことであり、甲府盆地から良く見える。今年の1月19日に登った羅漢寺山からも良く見えていた。この頃から今年の夏には鳳凰三山に登ろうと考えていた。                        <羅漢寺山から見た鳳凰三山 2014年1月19日撮影> ----------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳳凰三山のタカネビランジ

 今回の鳳凰三山縦走の一つの目的は南アルプスの特産種で、白砂のガレ地に咲くタカネビランジの観察であった。  色は白から濃紅紫色と変化に富む。鳳凰三山縦走では紅紫色が多かった。  岩の割れ目や岩陰に健気に咲く様子は高山の砂礫に咲くコマクサを思い出させる。  鳳凰三山は花崗岩で出来ていてそれが砕けて出来た砂は白色で綺麗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の富士山百景 101番 地蔵岳(鳳凰三山)

 ご来光を受けた富士山                       8月3日(日)~4日(月)に南アルプスの鳳凰三山を縦走してきた。私の富士山百景の百一番は鳳凰三山の地蔵岳直下にある鳳凰小屋付近から見た日の出直後の富士山だ。  この日の日の出は4時55分頃で、甲府盆地の東側に聳える小金沢連峰から陽が上がった。ご来光を受…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立山・室堂

 三日目は雷鳥荘から室堂平を室堂ターミナルまで歩き、往路と同じバスやロープウエイを乗り継いで扇沢へ、そして沼津へと向かう。以下に室堂平での風景と高山植物を記すこととする。  立山室堂山荘付近から望む立山、右から左へ、雄山(3,003m)、大汝山(3,015m)、富士ノ折立(2,999m)。せめて前日がこの様に稜線を望めたならばと悔…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立山三山(雄山、別山)

 二日目は一ノ越山荘をスタートして雄山から別山までの縦走だ。  一ノ越山荘前から室堂を見下ろす。青空もあってこの日の天気は何とかなりそうだ。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:雄山(2992m)、別山(2874m) 登山日時:2011年8月1日(月) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立山三山(浄土山)

 3年前の7月31日~8月2日に立山三山を縦走してきた。記憶にまだら模様が掛かってしまっているが記録として綴っておくこととする。  スタートは扇沢トロリーバスターミナル。 -----------------<山行概要>----------------   登頂山名:浄土山(2831m) 登山日時:2011年7月3…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志賀高原 池巡り(その2)

 信大自然教育園を過ぎ長池に到着。白い枯れ木が水面に映って綺麗だ。先月訪れた横谷峡の御射鹿池で見た東山魁夷画伯の名画「緑響く」のモデルの再来だなと感じながら撮影した。  それにしても複雑な形をした枯れ木だと思いながら進む。暫く歩いて振り返ると複雑な形の謎が解けた。2本の枯れ木が重なり合って見えていたのだった。  続いてシラカ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

志賀高原 池巡り(その1)

 7月17日に志賀高原の池巡りに行ってきた。  スタートは蓮池ロープウェイのある蓮池。  水面に浮かぶスイレンやコウホネが綺麗だった。                                      <スイレン>                                      <コオホネ> …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

志賀高原のオオヤマレンゲ

 7月17日に志賀高原に行ってきた。そこでオオヤマレンゲに初めて出会った。  オオヤマレンゲは紀伊半島の大峰山の八経ヶ岳と明星ヶ岳周辺に自生地があり、国の天然記念物に指定されているとNHKの日本百名山で見ていた。何時か実物を見てみたいと思っていた花だったので、思いも掛けず出会えて大興奮の一日であった。   …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北岳(その2)

 小太郎尾根分岐からは森林限界を超え、岩と砂礫の道に変わり、  登山道脇は高山植物のお花畑に変わる。                                 <ヨツバシオガマ>                                 <オヤマノエンドウ>                        …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北岳(その1)

 標高日本第二位の北岳は私がよく訪れる山梨県、長野県の山々から良く望めるので、一度は登りたい山だった。今年の3月、伊豆半島南部の堂ヶ島からも白い雪に覆われた三角形の頂が望めた。                     <伊豆半島の堂ヶ島から見る間ノ岳~北岳>  又、昨年には小仙丈ケ岳からもその雄姿を見ていた。  北岳山行は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北岳のキタダケソウ

 北岳にだけ咲くキタダケソウは一度は見てみたい花だったので、北岳山行は梅雨時の7月初めを予定していた。幸いにもキタダケソウの花を見ることが出来た。 <キタダケソウ(北岳草)>   キンポウゲ科、キタダケソウ属   名前の由来:北岳の固有種 <特徴>   草丈10cm前後の多年草。   葉は長い柄があり、数回深く裂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more