鳳凰三山(その4)

-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:鳳凰三山:観音岳(2840m)、薬師岳(2780m)、地蔵ヶ岳(2764m)
登山日時:2014年8月3日(日)~4日(月)
天    候:3日:晴れ後曇り 4日:晴れ後曇り
コ ー ス:1日目:青木鉱泉(8:10)~南精進ヶ滝(10:20)~鳳凰の滝(11:25)~白糸の滝(12:40)
              ~五色滝(13:50)~鳳凰小屋(15:30) (泊)
        2日目:鳳凰小屋(6:10)~オベリスク(7:20)~地蔵ヶ岳(8:00)~赤抜沢ノ頭(8:10)~
             観音岳(9:40)~薬師岳(10:20/10:55)~御座石(11:45)~中道登山道入口(14:25)
             ~青木鉱泉(15:05)
                 
--------------------------------------

 ガスが消えると一転してカラーの世界になる。薬師岳山頂をズームで撮影。
画像


 観音岳から30分程で薬師岳の山頂が見え、山頂までは白砂のバージンロードが続いている様だ。
画像


 山頂標識と道標は広い山頂広場の中に立っている。
画像
 

画像


 相変わらず北岳を初めとする周囲の山々は雲の中で眺望は得られなかった。山頂の岩陰で風を避け、向かいに見える一群の巨岩を眺めながら昼食を取る。
画像


 山頂広場に別れを告げて青木鉱泉への中道登山道を下り始める。
画像


 薬師岳の標高は2,780m、青木鉱泉の標高は1,090mなので下りの標高差は約1,700mもある。山の地図のコースタイムは4時間弱と長丁場だ。
 最初は大きな岩の間の急坂道を下り、次は樹林帯の急坂道を下る。マルバタケブキ等の花々を愛でながらひたすら下る。
画像
                               <ミヤマハンショウヅル>

画像
                               <マルバタケブキ>

画像
                               <ミヤマオダマキ>

 下山開始して1時間弱で大きな岩がある御座石に到着。
画像


 暗い樹林帯が終わり下笹の生えた明るい樹林帯になると多少傾斜が緩やかになりホッとする。しかし、標高はまだまだ高くて道半ば。林道に出て道標が現れる。
画像


 中道登山道の入口かと思ったが、良く見ると中道登山道の入口の方向を示しているだけで登山道の入口ではない。そこから再び暗い樹林帯の中をジグザグに下る。更に小1時間進んでやっと中道登山道の入口に到着。
画像


 しかし、青木鉱泉にはここから未だ40分の林道歩きが残っている。ひたすら歩き続け青木鉱泉近道の標識に導かれて
画像


 沢を渡ると路線バスの待つ青木鉱泉到着。延々4時間強の下山だったが山の地図のコースタイムが4時間弱なのでマアマアであった。
画像


 心配した足もつらずに二日目の全行程を9時間で歩き通せたことは嬉しかった。青木鉱泉で汗を流して帰途についた。

"鳳凰三山(その4)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント