大室山ウォーキング(後編)

犬越路(1,060m)~白石峠分岐(1,570m)~大室山(1,587m)~西丹沢自然教室(540m)

【犬越路 10:40発】
 犬越路避難小屋の横から大室山を目指してスタートした。
画像

 犬越路までの道は沢沿いであったが、犬越路からは尾根道になった。暫くは雑木に囲まれた急登の尾根道を登る。
画像

 15分程で登山道は平坦になった。進む左手(西方向)の展望が利いてきて富士山が綺麗に見えていた。
画像
画像

 ほぼ中央の三角形の山が畦ヶ丸でその右奥に見える双耳峰の山が今年9月に登った菰釣山だ。一つ前の画像で、右端の高い山は昨年10月に登った御正体山だ。
 更に尾根道を進む。急坂の鎖場を下り、
画像

 笹を掻き分けて進み、
画像

 大きなブナの下を通過して高度を稼いだ。
画像

 登山道脇に残雪が現れた。
画像

 もう直ぐ山頂だろうかと言う地点で再び富士山が見えた。しかし、雲に覆われ始めて富士山の一部しか見えていなかった。
画像

【白石峠分岐 12:15着】
 ベンチの置いてある広場に着いた。ここは加入道山方面(白石峠方向)の分岐にもなっている。大室山山頂までは、もうすぐだ。
 
画像

 雪は更に多くなった。
画像

【大室山 12:20着】
 分岐からは緩やかな広い尾根道で積雪の中を進み、5分程で大室山山頂に到着した。
画像

 山頂は樹木に覆われていて展望は無かった。東方向の高尾山等を眺望したかったが残念であった。山頂広場にも多くの雪が残っていたが、木漏れ日の当たる所では寒さも感じず、のんびりと昼食を取ることが出来た。
画像

【大室山 13:00発】
 下りは登りと同じ道を降りた。途中の犬越路から檜洞丸を見ると山腹には雪が残っているのが見えた。午前中は逆光下で見えていなかったが、午後になり明るい光に照らされてはっきりと見えていた。
画像

【西丹沢自然教室 16:00着】
 冬至が近づいて日没時間が早くなってきたが、明るい内にスタート地点に戻ることが出来た。

"大室山ウォーキング(後編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント