香貫山の植物  タマゴタケ(その2)

タマゴタケの成長過程

 タマゴタケに付いては7月4日に綴ったが、その後の継続観察で得られた画像を加えてタマゴタケの成長過程を纏めてみた。(同一のキノコではなく、異なるキノコの成長段階を並べたものである事を申し添えておく。)
 
1. 先ず、卵の形にそっくりの白い物が地表に現れる。表面に土が付いていたり凸凹が有るが遠目には卵が立っている様に見える。これがタマゴタケの名前の由来だと実感した。
画像
 この卵がどのようにして地表に現れたか?の情報は得られていない。

2. 次に、殻の天辺が割れて赤いキノコが見え始める。
画像


3. そして、笠を閉じた状態でキノコが背を伸ばして殻から完全に抜き出る。
画像


4. そして、更に背を伸ばしながら笠を全開させる。
画像


5. 色は笠を閉じている時が真っ赤で一番綺麗だ。笠を開くと赤味が次第に減少して行き、最後は真っ赤な色は失せて平凡なキノコになってしまう。
画像


【余談】
1.1 上記1項の立っている卵の他に、横になって転がっていた卵も有った。その存在に気付かずに私が足で蹴飛ばしたのかも知れない。そのままにしておくのも可哀相なので、落葉を掻き分けて卵を立てておいた。ひょっとすると成長するかも知れないと考えたのだったが・・・。
画像


2.1 翌日、覗いてみると頭部を坂下に向けて倒れ込んでいた。
画像

 しかし、卵の下部はかなり伸びていた。1.1の転がっていた状態では卵の下部には何も出っ張りは無かったので、私が卵を立てた以降に伸びたと考えられる。
 ここからは推測になるが、卵の内部で幼いキノコは蓄えられた養分で成長を続けて茎を伸ばし続けたが、水分や養分の補給を絶たれてしまっていたので赤い頭を殻から出せずに倒れ込んでしまったのだろうと考えられる。

2.2 一方、1項の立っていた卵は水分と養分を取り続けて順調に成長して、翌日には真っ赤な頭部が白い殻を破って見えていた。
画像

 このキノコの地中部は2.1項のキノコの下部と同じ様に長く伸びていることだろう。

"香貫山の植物  タマゴタケ(その2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント