沼津アルプスウォーキング(小鷲頭山)

鷲頭山(392m)~小鷲頭山(330m)~志下峠(190m)

 沼津アルプスの多比峠~鷲頭山~小鷲頭山~志下峠の区間は、既に昨年の4月6日鷲頭山ウォーキング(その2)4月9日鷲頭山ウォーキング(その3)で逆向き(南行)ではあるが既に綴っているので、簡単に綴ることとする。
 鷲頭山から小鷲頭山を経由して徳倉山までのルートを沼津市のHPから沼津アルプスの概略地図を使用して以下に載せる。

画像


【鷲頭山山頂 10:47発】
 富士山は樹に隠れて見えないが、その手前にある愛鷹山を見ながら北行ルートを進んだ。
画像


 登山道は山頂の標識にもあった様に直ぐにロープが張られた急坂道になった。
画像


 ロープ道を終えると緩やかな道になり、
画像


 本三位中将平重衡終焉切腹之場の前を過ぎると、
画像


【小鷲頭山山頂 10:55着】
 直ぐに、小鷲頭山山頂広場に着いた。
画像

 この日は風が強かったので真下に見える静浦海岸には白い波が幾重にも打ち寄せていた。

画像

 ここからは沼津市から富士市にかけて大きく湾曲した駿河湾の眺望が素晴らしい。2008年2月17日の画像を以下に載せる。

画像
                (2008年2月17日 撮影)
 又、ここから見た富士山も素晴らしいのだが、この日は雲に隠れていたので、これも2008年2月17日の画像を以下に載せる。しかし、この画像も富士山の上部が雲に隠れているので、この先沼津アルプスを歩いた時に撮り直す事とする。

画像


【小鷲頭山山頂 11:00発】
 ここ小鷲頭山から中将宮までの区間は沼津アルプスの中でも一番の急坂の所だ。少し、登山道の脇に出てロープを横から撮影してみた。急坂である事が解るだろうか?

画像


 足場も岩や木の根が邪魔でままならない。
画像


 ロープが右に直角に曲がった所に出ると、真っ直ぐは立ち入り禁止の看板があった。以前は登山道だったが危険になったので迂回させる様に変更した様だ。
画像


 迂回道を暫く歩くと中将さん(中将宮)に着いた。
画像

 中将さんからは緩やかな巻き道で、左手に立ち入り禁止の旧登山道と合流する。
画像

【志下峠 11:25着】
 合流地点から10m程で志下峠に到着した。
画像

 昨年4月には、大平・御前帰からこの志下峠を経て鷲頭山に登ったのだった。
 一番下の志下峠と記された案内板の色が黄色に変わった。ここから先は黄色の区間になる。 

"沼津アルプスウォーキング(小鷲頭山)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント