沼津アルプスウォーキング(鷲頭山 前編)

大平山(356m)~多比口峠(250m)~多比峠(260m)

 今日も、沼津市のHPから沼津アルプスの概略地図を使用して、大平山から鷲頭山までのルートを追記して以下に載せる。

画像


【大平山 9:30発】
 休憩の後、大平山山頂を出発した。多比口峠までは同じ道を下った。

【多比口峠 9:40通過】
 大平山山頂を出て、10分後には多比口峠を通過した。そして直ぐに尾根道の右(北)側が開けた所に出た。残念ながら、富士山は雲の中に隠れてしまっていた。
画像

 これから進む尾根道の上に、沼津アルプスの最高峰・鷲頭山の頂上が見えていた。
画像

 そして岩や木の根が露出した急な下り道になった。細い尾根道で左にロープが張られているのでそれを使い慎重に降りた。この日最初のロープであった。
画像

 尾根道は平坦になってきたが、木の根が食い込んだ岩尾根になってきた。これが大平山の標識にあった「岩尾根」だろうか?根が食い込んでいる木はウバメガシの様だ。
画像

 更に進んで行くと大きな木の根が横倒しになっていた。一部の根は地面に食い込んでいるので木そのものは未だ生きていた。その木の根の下をくぐり抜けて進んだ。
画像

 岩尾根を過ぎると土の道に変わり、歩き易くなった。
画像

 しかし、再び岩尾根に戻った。
画像

画像

画像

画像

 岩尾根を過ぎるとウバメガシ純林へと通じていた。このウバメガシ純林に付いては昨年の4月9日の鷲頭山ウォーキングで既に綴っている。その中で、ウバメガシは備長炭の原料になるとも綴っている。
画像

【多比峠 10:16着】
 ウバメガシ純林を過ぎると、大平(戸ヶ谷)分岐の多比峠に着いた。
画像

 標識を良く見ると、今通ってきた大平山・多比口峠からの尾根道が「沼アのハイライト ウバメガシの岩尾根」とあった。ここでやっと納得した。
画像

 鷲頭山へはあと12分。
 明日に続く。

"沼津アルプスウォーキング(鷲頭山 前編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント