十二ヶ岳ウォーキング               

毛無山(1,500m)~十二ヶ岳(1,683m)

【毛無山山頂 10:15発】
 毛無山山頂の黄葉を見ながら十二ヶ岳へ向かった。
画像

 毛無山から十二ヶ岳に通じる稜線は一つ一つのコブに一ヶ岳、二ヶ岳、・・・、十一ヶ岳、十二ヶ岳と表示されている。スタートして数分で一ヶ岳の表示が現われた。
画像

 一、二、三ヶ岳は眺望も無く立ち止まらずに四ヶ岳へ向かった。
画像画像


【四ヶ岳 10:33着】
画像

 四ヶ岳のピークは狭い岩場だったが見晴らしは良かった。左手前の尾根は文化洞トンネルから毛無山山頂へ続く尾根だろう。その尾根の先が足和田山でその先に雄大な富士山が聳えていた。毛無山山頂と同じく、西湖は富士山に向かって右端に見える。
画像

 これから進む方向に見えているのが十二ヶ岳だろうか。山の上部は大分紅葉が進んでいた。
画像

 五から十一ヶ岳までは難なく進んだ。ただし、七ヶ岳の標識は無かった。
画像画像





画像画像



画像画像


【十一ヶ岳 11:23着】
 十一ヶ岳から十二ヶ岳が最大の難所で、暫し休憩を取った。紅葉した木の間から谷の向こうに壁のように立ちはだかっているのが十二ヶ岳だった。
画像

 急斜面と言うよりは垂直に近い崖をロープや鎖につかまって慎重に降りた。鞍部には吊橋があり、橋が揺れないようにゆっくりと、また谷底を見ない様にして渡った。無事渡りきっても、ホッとする暇も無い。その先は垂直に近い岩の壁でロープや鎖につかまって登った。
 この区間では両手は鎖やロープ、岩や木の根を握っているのでカメラを持つことが出来なかった。唯一の画像が次に載せるほぼ垂直に吊り下がっているロープの画像だ。
画像

 大分登った所で、背後の見晴らしが素晴らしい所に出た。急斜面の中で、椅子代わりに出来そうな岩に座り体を安定させて撮影した。すぐ後に見えている山は十一ヶ岳で、綺麗に紅葉していた。この急斜面を降りてきたのだと思うとゾッとした。
画像

 その向こうに見えている湖は河口湖で、左側の一番奥に見えている山は三ツ峠だろう。
画像

【桑留尾分岐 12:00着】
 更に登って平坦な広場に着いた。十二ヶ岳山頂手前にある西湖・湖畔の桑留尾へ降りる分岐だった。
画像

 十二ヶ岳山頂は狭いので、ここで昼食を取ることにした。

【桑留尾分岐 12:45発】
 暖かい陽の中で、ゆっくりと食事を取った後、ここまでの道とは雲泥の差がある平坦な尾根道をスタートした。
画像

【十二ヶ岳山頂 12:47着】
 1,2分で小さな祠のある十二ヶ岳山頂に着いた。 
画像
画像画像


 ここの山頂からは西湖のほぼ上に聳える雄大な富士山の展望が得られた。
画像

 明日に続く。

"十二ヶ岳ウォーキング               " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント