富士山自然林(高鉢コース)ウォーキング(その2)

宝永第二火口(2,380m)~御殿庭中(2,180m)

 宝永第二火口に掛かっている霧が晴れそうなので少し待っていたら、火口底が見えてきた。
画像

 薄っすらと緑色が見える。どんな植物が出てきたのか見たい所だが底までは降りる予定は無かった。相変わらず宝永山には霧が掛かっていて姿を見せなかった。

【宝永第二火口 11:09発】
 火口縁の砂礫地を先に進む。時々後を振り返りながら宝永山が見えてこないかどうか確認しながら進んだ。
 ピークの様な場所に道標が置かれていた。御殿場方面との分岐点だった。
画像

 御殿場方面への道を左に見送って進む。振り返ると宝永山が見えて来た。
画像

 宝永山だけでなく、その先には青空も見えていた。この先、霧が晴れてくれることを祈りながら進んだ。
 ここからは火山砂礫地から低い木々が繁る道に入った。瑞々しい針の葉を付けた木が地面を這っている。カラマツの木だった。
画像

 針葉の上に綺麗な松かさの様なものが付いていた。
画像

 調べるとカラマツの雌花だった。雄花は雌花よりも小さく、あまり目立たない黄色の花房が下向きに付くと資料に有る。一枚上の画像で、茶色の小さな丸い物が枝に並んで付いているのが雄花ではないかと今、推測している。
 低い樹木の中を進んで行くと、樹木の前に赤い蕾の様なものを付けた植物が群生していた。コケモモだ。
画像画像


 コケモモは草本ではなく木本なので森林限界から下って最初に生え始める木の1種になる。
 実は2007年7月8日にこの富士山自然林を御殿場に向けてウォーキングしていて、その時にはコケモモの花が咲いていたのを思い出した。その時のファイルからコケモモの花の画像を以下に載せる。
画像画像
       (2,007年7月8日撮影)          (2,007年7月8日撮影)
 又、コケモモには秋田駒ケ岳でも出会っていた。秋には赤い実が綺麗に生ると言う。この群生地で稔ったら見事だろう。
<コケモモ(苔桃)>
  ツツジ科、スノキ属
  名前の由来:小さな姿を苔に、丸く赤い実を桃に見立てた
<特徴>
  常緑小低木、亜高山帯~高山帯のハイマツの下などに生える
  花は6~8月に咲く  
  花の色は白いものから赤みの強いものまで変化が大きい
  秋には直径5~8mm程の真っ赤な実をつける
  葉は楕円形で質が厚く艶がある
  樹高は10cmほど

 両側の樹木が次第に大きくなってきた。春先に香貫山で見たオオバヤシャブシの花に似た花が咲いていた。ミヤマハンノキ(深山榛木)だ。
画像

<ミヤマハンノキ(深山榛木)>
 カバノキ科、カバノキ属
<特徴>
  落葉低木、亜高山から高山に生える
  雌雄同株、5月頃開花する
  雄花序は長枝の先に付き太い円柱形で下垂する
  雌花序は短枝に上向きに付く
  葉身は5~10cm、やや厚く表面は滑らかで艶がある

 木の枝にゴミの様なものが吊る下がっていた。調べるとサルオガセ(猿尾枷)だと解った。地衣類の1種で空気中の水分を吸収して光合成を行ない、木から栄養分を吸収はしないと言う。
画像

<サルオガセ(猿尾枷)>
  サルオガセ科、サルオガセ属
<特徴>
  地衣類
  霧の深い山の松の木などから長く伸びて下がっている
  空気の清浄な所で霧などから水分を吸収し光合成を行なう
  
【御殿庭中 11:42着】
画像

 回りの樹木を見渡すと、背の低いカラマツの他に大きい木が増えてきた。 
画像

 ここで昼食を取った。

 明日に続く。

"富士山自然林(高鉢コース)ウォーキング(その2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント