香貫山の植物  シラン              

シラン(紫欄)

 香貫山の登山道に沿ったほぼ垂直な崖壁で、高さ7~8mの所に白い花が咲いていた。
画像

 ズーム拡大して撮影した。薄暗い場所なので白い花がボンヤリとしか写っていない。
画像

 フラッシュを点けて撮影してみた。
画像

 何とか花の詳細が見えそうなので、更にズームで拡大した。
画像

 どうもシランに似ている。しかし、シランは園芸種であってこの様な場所に生えているのは不自然だな?と考えながら更に拡大して撮影してみた。
画像
 やはり、シランらしい?
 帰宅して資料でシランを調べるとシランは、本州の中南部から四国・九州の日当たりの良い湿ったところに自生している植物ですが、広く栽培されている植物でもあります、とあった。この場所は半日陰で沢に近い場所で湿気が多い場所なので、香貫山に生えていても不自然では無さそうだ。
 シランは花被片が6枚で、下部の中央の花被片を唇弁と言い縦皺が有ると言う。上の画像では唇弁を含めて6枚の花被片は間違いないが、唇弁の縦皺はハッキリしない。翌日香貫山に行き、撮影方向を変え、もう少し拡大して撮影してみた。
画像
画像

 何とか、唇弁の縦皺が見えたのでシランに間違いない。
 香貫山の崖上ではシランの美しい姿を接写出来なかったので、近所の園芸店でシランの花を撮影した。白色は無かったので普通、良く見かける赤紫色のシランで我慢した。
画像


 香貫山のシランは撮影した数日後には萎んでしまっていた。崖の上で気付くのが遅れてしまったが、来年はもう少し早く開花直後の姿を撮影したいものだ。株がもう少し増えてくれると有り難いが。

<シラン(紫蘭)>
  ラン科、シラン属
<特徴>
  多年草、日当たりの良い湿ったところに自生している
  5~6月咲
  花色は赤紫の他にピンク、白、青白
  小花を総状花序に7、8個つける
  葉は長さ20~30cm、幅2~5cmで数枚付く
  草丈50㎝まで

"香貫山の植物  シラン              " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント