山伏ウォーキング(その2)            

大岩(1,130m)~蓬峠(1,440m)

【大岩 8:54発】
 大岩では休まずにそのまま通過すると直ぐに、3回目の橋を渡り左岸に出た。3回目に渡った沢はこれまでよりも幅は随分と狭くなっていた。
画像

 少し登山道を登ると、最初の水場に着いた。水飲み用のコップが置かれていた。少し、口に含んだが冷たくて美味しかった。
画像

 この辺りから沢から離れて急斜面の道を進んだ。暫くはガレ岩の道を進んだ。
画像

 すると、2番目の水場が現れて来た。ここは狭い沢になっていて下流で西日影沢に合流するのだろう。
画像

 水場の横の草叢にはムラサキケマンとミヤマハコベが咲いていた。
画像

 その先は砂利の急斜面を直登する。小砂利に足を滑らさない様に注意しながら歩くので意外に疲れる。
画像

 その先は草や樹木が生えた斜面をトラバースして進むので楽になった。
画像

 岩が露出している斜面に小さな赤い花が見えた。良く見ると小さな小さなムラサキケマンの株が花を咲かそうとしていたのだった。高度が上がってきてムラキケマンの草丈は5cm程だったと思うが、それでも花を咲かそうとしていた。恐ろしい程の生命維持努力を感じた。
画像

 横にはミヤマネコノメソウが一塊になって咲いていた。
画像画像

<ミヤマネコノメソウ(深山猫の眼草)>
  ユキノシタ科、ネコノメソウ属
  別名:イワボタン(岩牡丹)
<特徴>
  低山の沢沿い、暗い湿地に生える
  根出葉には柄があり花期ものこる
  花茎は暗い紅色を帯びる
  葉は対生、葉には4-9の鋸歯があり鋸歯の先は内側に曲がっている
  花期は4月、花径は3~4.5mm 顎裂片は斜めまたは直立する
  雄シベは8本で顎裂片より長い

【蓬峠 9:34着】
 斜面をトラバースして登り切ると蓬峠に着いた。
画像

 回りは樹木に囲まれていて、眺望は葉の間からしか見えない。
画像

 東側に岩場の斜面がある。山の案内図を見るとピーク(1,471m)が有る。しかし、踏み跡もないので登るのを止めた。
画像

 蓬峠がほぼ中間点になる。眺望を諦めて、緑の木陰に有った手作りのベンチで休憩を取った。

 明日に続く。

"山伏ウォーキング(その2)            " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント