香貫山の植物  ミツバツチグリ          

ミツバツチグリ(三葉土栗 )

 香貫山登山道脇に黄色のヘビイチゴに似た花が咲いていた。良く見るとヘビイチゴと花弁や葉が違う。帰宅して調べたらバラ科のミツバツチグリだった。
画像


<ミツバツチグリの花>
 ミツバツチグリの花はバラ科で綺麗な形と色をしている。
画像

 似ているヘビイチゴの花は2007年3月28日に綴っているので、そこから以下に転載して比較してみよう。上がミツバツチグリで下がヘビイチゴだ。
画像
画像

 花弁の形が異なるし、ヘビイチゴは花弁の間に萼が見えるがミツバツチグリでは見えない。

<ミツバツチグリの葉>
 同じく、上にミツバツチグリの葉を、下にヘビイチゴの葉を載せる。
画像
画像

 どちらも3小葉だがミツバツチグリの小葉は丸味を帯びて全体に鋸歯がある。一方ヘビイチゴの小葉は逆三角形で底辺部のみに鋸歯がある。又、側葉が深裂して5小葉に見えるものも混ざる。
 並べて見ると良く解るが、それぞれだけを見た時はどちらも見慣れたヘビイチゴに見えてしまう。

<ミツバツチグリ(三葉土栗 )>
  バラ科、キジムシロ属
  名前の由来:根が栗のように食べられるツチグリに似ている
<特徴>
  4~5月に咲く、花径1cm位
  葉は苺型で丸みを帯びており小葉は3枚で全体に大きな鋸歯がある
  蛇苺の様に赤い実はならない
  草丈20cmまでで地を這い地下茎で拡がる 

"香貫山の植物  ミツバツチグリ          " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント