香貫山の植物  キッコウハグマ  

キッコウハグマ(亀甲白熊)

 香貫山の登山道脇の斜面に小さな白い花が咲き始めた。先日金冠山で見たテイショウソウと同じキク科、モミジハグマ属のキッコウハグマだ。
画像画像
           (キッコウハグマ 同一の花を撮影する角度を変えて見た)

<キッコウハグマの花>
 5枚の花弁を持つ小さい花が3つ集まって咲く事と、薄紫色のシベが3個有るのはテイショウソウと全く同じである。しかし、テイショウソウの花弁は数回捩れながら伸びているのに対して、キッコウハグマの花弁は真っすぐ伸びてその先端部が反り返っているので、花弁を見れば違いが解る。
 上では単にシベと記述したが、このシベを詳細に見てみる。次の花の3個のシベの先端はそれぞれ異なっている。
画像
                  (3個のシベは先端が異なる)

 一番右のシベの先端には黄色のものが付いている。これは多分花粉だと思うのでこの段階ではシベは雄シベと推測する。次に、一番上のシベの先端は白色になっている。これは雄シベの中から雌シベの柱頭が伸びて来て、雄シベの花粉が落ちてしまった状態と推測する。一番左のシベは白い部分が2分割している。これは雌シベの柱頭が伸びきって2分割したと推定する。この段階では雌シベと推測する。
 この仕組みはキク科のノハラアザミタムラソウオケラ等のシベの構造と同じだ。

 次の画像を見ると花の中心部に黄色い物が落ちている。これはどれかの雄シベの花粉が落ち始めたと推測される。
画像
                 (花の中心部にある黄色い物は花粉)

 上の画像には珍しく開花し始めた蕾が写っている。
 次に株全体を見てみる。
画像画像
         (株の上部)                            (株の全体)

<キッコウハグマの蕾>
 開花している花の上には細長い蕾が付いている。キッコウハグマは閉鎖花が多いと資料にあるので、この蕾は開かずに受粉を完了させて閉鎖花になるかも知れない。

<キッコウハグマの葉>
 上の画像で、株の根元にある葉を見ると5角形をしている。この形が亀甲に似ているのでキッコウハグマの由来となっている。他のモミジハグマ属の草本との区別点でもある。

<キッコウハグマの実>
 継続して観察する。

        ---2008年11月11日のブログより転載開始---
キッコウハグマの実
 キッコウハグマに付いては11月2日に綴った。その後の姿を覘いて見たら、冠毛を付けた褐色の細長い果実が稔っていた。
画像
                    (キッコウハグマの実)

 花は一箇所に小花が3個集まって咲くと前回綴ったが、果実も一箇所に3個が付いている。冠毛は鳥の羽根の様に細かい毛が綺麗に枝分かれして付いている。色が淡い褐色の為目立たない。タンポポの様に白色だったらもっと目立つのだろうが、控えめに稔っていた。
 キッコウハグマは綺麗に開花する正常花と、開花せずに蕾の中で自家受粉して実を付ける閉鎖花とがある。次に載せる株は閉鎖花が、次から次へと実を稔らせて来た。
画像
                (上部の閉鎖花が結実 11月18日)

画像
               (更に中央部の閉鎖花も結実 11月26日)

画像
                (ほぼ株全体の閉鎖花が結実 12月9日)

 香貫山では大きな株ほど蕾が沢山付くがその殆どが閉鎖花で終わり、小さい株は蕾が少ないが正常花で白い綺麗な風車の様な花を咲かせた様に感じた。大きな株の全ての蕾が正常花で開花したら見事なのだが・・・。
        ---2008年11月11日のブログより転載終了---

<キッコウハグマ(亀甲白熊)>
  キク科、モミジハグマ属
  名前の由来:葉の形が亀甲に似ていて、花の形がヤク(白熊)の毛に似ている
<特徴>
  多年草、山地のやや乾いた日陰に生える
  草丈10~25cm
  葉は根生し、長い柄がある。葉身は五角形または心形、長さ1~3cm
  花茎を伸ばして、上部に白色の頭花が数個つき、1つの頭花は3つの小花からなる
  花冠は長さ9mm、日陰に生えているものは閉鎖花をつけることが多い
  果実はそう果、長さは4~5mm  

 今日は山梨県の山中湖の近くにある石割山に行って来た。歩数は11,864歩、今週の累計歩数は45,448歩/7日。

"香貫山の植物  キッコウハグマ  " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント