香貫山の植物  ムクゲ  

<ムクゲ(木槿)の花>

 香貫山の展望台へ登る階段脇にムクゲの木が1本有る。大きなエノキの木の下にあるが、何故jか昨年の台風で斜めに倒れてしまった。斜めになりながらも、今年も花を付けている。
画像画像




              (エノキの下で今年も花を咲かせたムクゲ)

 ムクゲの花は一日花で次々と咲くとあるが、香貫山のムクゲは日陰の為か蕾が少なく花が咲いていない日も有る。5個の花弁の中心に大きな雌しべと、これに付着した雄しべが多数と資料に有るが、アップで見るとその様になっている。
画像
                (大きな雌しべとそれを囲む雄しべ)

 ムクゲには白色以外の色がある。ムクゲは大韓民国の国花だと言う。正しく認識しておく為に、近所の街路樹に咲いている別の色の花も以下に載せておく。
画像画像
                       (ムクゲ)

        ---2008年9月24日のブログより転載開始---
《番外編》 ムクゲ
 ムクゲに付いては今月の6日に綴っている。その後も、アチコチでムクゲの花が元気良く咲いているのを見ている。今日は、先日綴った以外の花を撮影してきたので以下に載せる。合わせて9月6日のブログにも転載しておく。
画像画像
                        (ムクゲ) 
        ---2008年9月24日のブログより転載終了---

<ムクゲの実>
 蒴果が熟すと5裂し、褐色の綿毛を付けた種子が出て来るとある。秋に観察する事とする。

 ムクゲとは珍しい名前だと思っていたが名前の由来は、ムクゲの漢名「木槿(ムージン)」の音読み「もくきん」が「むくげ」に変化したとあるが、変化しし過ぎの様に感じる。和名の漢字表記は漢名の木槿そのままで、これも普通には読めない。やはり、私には珍しい名前のままだ。

<ムクゲ(木槿)>
  アオイ科、フヨウ属
<特徴>
  樹高3mまでの落葉低木
  8~9月咲き、一日花で次々と咲く
  5個の花弁の中心に大きな雌しべとこれに付着した多数の雄しべ
  ムクゲは漢名「木槿(ムージン)」の音読み「もくきん」が「むくげ」に変化
  大韓民国の国花

 今日のウォーキングは所用で中止。

"香貫山の植物  ムクゲ  " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント