香貫山の植物  ホウセンカ 

 香貫山登山口の道端にピンク色と白色の綺麗な花が咲き始めている。ツリフネソウ科のホウセンカ(鳳仙花)だ。ここには昨年も咲いていた。
画像画像
                  (薄いピンク色のホウセンカ)

画像画像
                  (白色のホウセンカ)

 ツリフネソウ科の植物の特性として,熟した果実に触れると種子が勢いよく飛び散ることから,英語名は touch me not。これから実の生育を観察して行く事とする。

 近所の家には色々の色のホウセンカが咲いている。参考に以下に載せる。
画像画像

画像画像

画像
                  (近所の家に咲いたホウセンカ)

<ホウセンカ(鳳仙花)>
  ツリフネソウ科、ツリフネソウ属
<特徴>
  1年草
  日当りのよい場所に生え、 夏の暑さに強い
  8月咲き
  色は赤、サーモン、紫、白、ピンク
  草丈60cmまで
  緑の実に触れるとはじけて中の種が飛び出す

 今日は愛鷹山へ行って来た。歩数は17,414歩、今週の累計歩数は73,768歩/7日。

"香貫山の植物  ホウセンカ " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント