沼津御用邸記念公園の花暦  

スカシユリ

 沼津御用邸・西付属邸の芝生広場の一角に今、スカシユリ(透百合)が一塊になって綺麗に咲いている。
画像
                (花弁の付け根に、隙間があるのでスカシユリ)

 御用邸のスカシユリは沼津市南部の戸田地区が沼津市に合併する祭に、戸田の御浜に自生しているスカシユリを移植した物である。
画像
                (戸田の御浜から移植されたスカシユリ)
画像画像
  (一番背が高いスカシユリ)             (二、三、四番目に背が高いスカシユリ)

 何故か、殆ど茎が伸びていないものもある。移植後の成長に差が出ているのか、それとも2世、3世の株が育ち始めたのだろうか。
 御用邸のスカシユリに付いては約1ヶ月前の6月10日に沼津御用邸記念公園(その9) 西付属邸苑地(そのⅠ)の中で、こことは別の所に咲いているスカシユリを綴った。
画像
            (1ヶ月前に咲いたスカシユリ  6月10日のブログより転載)

 ここのスカシユリが広まったと推測するが、環境によって開花時期は随分差が出るものだ。
 
《番外編》 ハマナスの実
 本編で引用した6月10日の翌日のブログには雅子様のおしるしのハマナスの花を載せた。そのハマナスに赤く綺麗に色付いた実が生っている。
画像
                        (ハマナスの実)

 ハマナスの名前の由来は浜茄子(ハマナス)ではなく、実が梨に似ているので浜梨(ハマナシ)、それがなまって「ハマナス」になったと言う。梨には、あまり似ていないように思うが・・・。.

 今日は所用でウォーキングは中止。所用内の歩数は6,349歩、今週の累計歩数は33,204歩/4日。

"沼津御用邸記念公園の花暦  " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント