港、湧水、せせらぎウォーク (後半)

 昨日に続き、「港、湧水、せせらぎウォーク 」で見つけた早春の花々を綴る。
 本城山の麓にある龍泉寺の石垣の隙間にタチツボスミレが咲いていた。南向きの石垣で暖かいのだろう、石垣苺に習って石垣スミレだ。
画像
                          (タチツボスミレ)

 近くにはヒメオドリコソウも咲いていた。
画像
                          (ヒメオドリコソウ)

 境内を覘くとミツマタが咲き始めていた。
画像画像
                       (龍泉寺のミツマタ)

 徳倉橋を渡り、狩野川から別れて湧水で有名な柿田川公園に向かう。途中の農家の庭で綺麗な紫の花に出会う。ハナダイコンだが随分早く咲いている。
画像
                           (ハナダイコン)

 蓮華寺の境内には沈丁花も咲き始めていた。
画像画像
                         (蓮華寺のジンチョウゲ)

 柿田川公園に到着して昼食を取った。噴水のある築山から河津桜を撮影しているとヒイラギナンテンを見つけた。
画像
                       (柿田川公園の河津桜)

画像画像
                        (柿田川公園のヒイラギナンテン)

 柿田川公園からせせらぎの三島に入り、清住緑地を経て源兵衛川に向かう。足を伸ばして三島梅花藻の里を覘く。清流の中で育成中のミシマバイカモの花を見る事が出来た。白い可憐な花だ。
画像画像>
                        (三島梅花藻の里のミシマバイカモ)

 同じ栽培池にはカラーも咲いていた。カラーの咲く時期はもっと遅いかと記憶しているが・・・。
画像
                       (早くも咲き始めたカラー)

 寒い寒いと思っていたが、梅やスイセンに続いて早春に咲く花々が着実に咲き始めていた。もう春は直ぐそこまで来ているのだろう。
 今日は所用でウォーキングは中止。所用内の歩数は5,391歩。今週の累計歩数は13,638歩/3日。

"港、湧水、せせらぎウォーク (後半)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント