港、湧水、せせらぎウォーク (前半)

 一昨日の日曜日に、沼津から清水町を経て三島へと歩く「港、湧水、せせらぎウォーク 」に参加した。このウォーキングには一昨年も参加してその様子を2006年3月10日のブログで、富士山が入っている風景を中心として綴った。
 今年は薄い雲に覆われて富士山は見えなかった。しかし、気温は暖かく風も無く、早春を感じさせてくれる花々を見ながらのウォーキングだった。今回はその花々を中心に綴る事とする。
 スタートは沼津市の中央公園。ここをスタートして直ぐに狩野川に架かっているあゆみ橋を渡る。渡りきると橋の袂にピンクの河津桜が咲いていた。本場の伊豆河津町の河津桜は満開だと聞いているが、ここの河津桜も満開で見頃であった。しかし、薄曇で日も弱く、青空で無かった為に鮮やかさが不足して少し残念であった。
画像画像
                        (あゆみ橋袂の河津桜)

 狩野川右岸の堤防上を上流に向かって歩く。清水町に入り本城山公園に到着すると黄色とピンクの花を付けた木が目に入った。近づいてみるとマンサクとカンヒザクラであた。
画像画像>
                        (本城山公園のマンサク)

画像画像>
                        (本城山公園のカンヒザクラ)

 マンサクは満開で見頃だったが、カンヒザクラはまだ2,3分咲きで見頃はこれからだった。
 山頂を目指して登山口へ進むと若山牧水の歌碑があった。本城山から見る富士山も見事なので、牧水の「天地のこころ あらはにあらはれて 輝けるかも 富士の高嶺は」を選んだと、説明板に記されている。
画像画像>
                        (本城山公園の若山牧水歌碑)

 本城山山頂で小休止する。水を飲んでいると、タラノキに小さな芽が出始めているのが目に入った。
画像
                        (伸び始めたタラノメ)

 本城山を下り再び狩野川土手を歩くと、日当たりの良い草叢に早春を告げる草花が咲いていた。
画像
画像画像
                  (ホトケノザ)                    (オオイヌノフグリ)  

 後半は明日に続く。
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,247歩。今週の累計歩数は8,247歩/2日。                         
                       

"港、湧水、せせらぎウォーク (前半)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント