香貫山の植物  ノハラアザミ (サンショウ)   

 昨日と一昨日は紅葉を求めて那須岳に行ってきた。その模様は後日綴る。今日は香貫山の草叢の中に咲き始めたノハラアザミ(野原薊)に付き綴る。
画像
                    (草叢の中に咲いたノハラアザミ)

 ノハラアザミに付いて昨年は9月30日に綴っている。(http://dekowalker.at.webry.info/200609/article_25.html)その時の画像も含めて綴り直す事とする。
 今、香貫山にはこのノハラアザミに良く似ているタムラソウも咲いている。ノハラアザミの葉や蕾には棘があるが、タムラソウには無い。
画像
          (ノハラアザミの葉には棘がある  2回クリックで拡大出来ます)

 ノハラアザミの蕾の総苞片は反り返るが、タムラソウの蕾の総苞片は反り返らない。
画像
                (ノハラアザミの総苞片は反り返る)

 このノハラアザミは春に咲くノアザミ(野薊)にも良く似ている。開花時期も異なるがノアザミの総苞はべとつくが、ノハラアザミの総苞はべとつかない。
 以下に、ノハラアザミの花の成長過程を推測を含めて追ってみる。
 ノハラアザミの頭花は多数の筒状花からなり、上向きに咲く。開花直後の花を良く見ると、ピンクの5枚の花びらが開いてその間から紫色の雄しべが飛び出してくる。その雄しべの先端には白い花粉が付いている。
画像
           (ノハラアザミの開花直後  2回クリックで拡大出来ます)

 雌しべは、その紫色の雄しべの中から花粉を押しのけて伸びてくる。(肌色に変色した雄しべの上に薄紫色の棒状物が出ているのが雌しべだ。)この時点で雄しべの先端に有った花粉は雌しべに移っている。
 雌しべが出揃った段階が次の画像だ。
画像
          (雌しべが出揃った段階では花粉はどこにも見あたらない)

 トップの画像に戻るが、この花の段階は半分の頭花は雌しべが伸びきって花粉が無くなってい、残り半分の頭花は花粉の中を雌しべが通過中の段階である。
 キク科の頭花の受粉行為は、雄しべの先端に付着した花粉の中を雌しべが通過する際に行われるのではないかと推測するが・・・。
        ---2007年12月27日のブログより転載開始---
<ノハラアザミの実>
 ノハラアザミに付いては10月16日に綴った。ノハラアザミも花を見つけた所を覗いてみると、株全体は枯れていなかったが実は既に枯れて白い種毛を開いていた。
画像画像




      (左:ノハラアザミの枯れた実   右:ノハラアザミの株  12月18日撮影)

 別の株の実の方がもう少し時間が経っている様で、今にも飛んでいきそうな種子が見える。
画像
              (今にも飛び出しそうな種子  12月18日撮影)
        ---2007年12月27日のブログより転載終了---

<ノハラアザミ(野原薊)>
  キク科、アザミ属
  名前の由来: 山野の乾いた日当たりのよい草地に生え、野原に多い

<特徴>
  多年草
  草丈40~100㎝
  花期は8月~10月
  ノアザミ(野薊)に似ているがこちらは春、5月から8月にかけて咲き総苞の背部がふくれで粘着するがノハラアザミの総苞は鐘球形で粘着しない。

《番外編》 サンショウの実
 サンショウの実は熟すと真っ赤になる。
画像
                 (真っ赤になったサンショウの実)

 実が裂けて黒光りした種子が出る。イヌザンショウやカラスザンショウは3個の分果に分れ、それぞれの分果から1個の種子が出るが、サンショウは2個の分果に分かれそれぞれから1個の種子が出る。
画像
               (赤い果皮と黒い種子が綺麗なサンショウの実)

 赤い果皮には,すごい刺激がある。くぼみが腺点である。このまま食べるとしばらく口の中がしびれて感覚がなくなるほど…とにかくスゴイ!と資料にあるのでチャレンジしてみた。
 ほんの少し、ゴマ粒半分位のかけらを口に入れたら、サンショウの匂いがプンと来て暫くするとかなり強力な痺れが襲ってきた。資料に偽りは無かった。

 今日のウォーキングは香貫山で7,826歩。昨日のウォーキングは那須岳ウォーキングで歩数は15,603歩。今週の累計歩数は23,429歩/2日。

"香貫山の植物  ノハラアザミ (サンショウ)   " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント