香貫山の植物  シラヤマギク (番外編 ヒメユズリハ)

 今年もキク科の花の先陣をきってシラヤマギク(白山菊)が咲きだしている。シラヤマギクに付いては昨年の10月3日に綴ったが、その時の画像を含めて綴り直す。
画像
画像
                 (シラヤマギク  昨年10月3日ブログより)
  
 名前の由来は、草丈が高く、白い花が目立ち、山地に生えるキクと言う意味だと、資料にある。
 又、日当たりの良い草原に生えるともあるが、昨年は上の画像の花を含めて林下の日陰でしか見ていなかった。今年も同じ場所にも咲いているが、先月の末に、資料通りの山地の日当たりの良い草原で咲いている株を見つけた。
画像
                     (明るい草原の中のシラヤマギク)
画像
                        (花も沢山付けている)

<シラヤマギクの花>
 花は舌状花と中心部の筒状花からなるが、舌状花の数が少なく花弁が歯抜けのように見える。
 菊の花はどれも似ていて紛らわしいが、この花はこの点で判別し易い。
画像
                 (シラヤマギクは花びらが少なく、歯抜けしている様だ)

<シラヤマギクの葉>
 下部の葉には狭い翼のある長い葉柄があり、心形で先は尖って縁に粗い鋸歯がある。上部の葉ほど小さくなる。
 この葉柄の翼も、この花の判別し易い点だ。
画像
               (シラヤマギクの葉柄には翼がある)

 別名はムコナ(婿菜)で、春の若芽はヨメナ(嫁菜)に対してムコナ(婿菜)と呼ばれ食用にされると資料に有る。

<シラヤマギク( 白山菊 )>
  キク科、シオン属
  別名:ムコナ(婿菜)

<特徴>
  多年草
  8~10月開花、 小さめの花は集団で咲く
  日当たりの良い草原に生える
  ひょろりと伸びた花茎には葉があまりつかない
  茎の下側に丸めの広い楕円形の葉がつく
  草丈60センチまで

《番外編》 ヒメユズリハの実
 ヒメユズリハに付いては6月2日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200706/article_2.html)今日はその実を綴る。昨日綴ったユズリハの実は下に垂れ下がるがヒメユズリハの実は上に向く。
画像
画像
                  (ヒメユズリハの実は上を向く)

 この実もユズリハの実と同じく、秋には熟して黒くなるとあるので継続して観察する。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は7,859歩、今週の累計歩数は47,275歩/5日。

"香貫山の植物  シラヤマギク (番外編 ヒメユズリハ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント