香貫山の植物  エノキグサ (番外編 ネズミモチとトウネズミモチ)

 9月21日に綴ったコニシキソウを探している時に同じトウダイグサ科のエノキグサ(榎草)を見つけた。葉がエノキ(榎)に似ているのでこの名前が付いた。
画像
                         (エノキグサ)

 一年生の草本で畑や路傍などに普通に生育する。エノキグサは雌雄同株で8月から10月に花序を形成する。雄花序は赤い粒々が付いた棒状のもの、雌花序は編み笠状の苞葉に包まれたボール状のものだ。別名のアミガサソウ(編笠草)はこの為についた。
画像
             (棒状の雄花序と編み笠状の苞葉に包まれた雌花序)  

 雌花序を下の画像でもう少し詳細に見る。雌花序は苞葉の中に上下2個の雌花で構成されている。雌花は殆どが子房で、それぞれ3室に分かれ表面には小さなコブ状の突起があり、その上に軟毛が密生している。3つに分かれた子房の上に付いている赤い糸状のものが花弁に相当する花被である。
画像
        (雌花の子房は3室に分かれ、その中央に有るのが花被) 
     
 花被の中心部に雌しべがあるはず、と資料にある。花被部が良く見える下の画像でも雌しべまでは良く解らない。ヒョットして白い糸状の物が雌しべかな?
画像
             (花被の中心部に雌しべが有ると言うが、良く解らない)

 一方、雄花序は苞葉の上部に花茎を伸ばし穂状につく。花茎に付いた赤い粒々が雄花。上から2枚目の画像の雄花序には開花した雄花が白く見える。
画像
                     (雄花序は苞葉の上部に穂状につく)

 別の雄花序を見ると穂の一番上に子房みたいなものが付いている。
画像
                      (雄花序の天辺にある物は何?)

 ややこしい説明で申し訳ありません。トウダイグサ科の花は解り難いものが多い。複雑な花だが種は沢山出来るのだろうか?この一角にはエノキグサが群生していた。
画像
                          (エノキグサの群生)

<エノキグサ(榎草)>
  トウダイグサ科
  名前の由来:葉がエノキ(榎)に似ている
  別名:アミガサソウ(編笠草)
  別名の由来:雌花を包む包葉が編み笠を裏返したような形の為

<特徴>
  一年生の草本
  畑や路傍などに普通に生育する
  花期:夏~秋
  ありふれた雑草です。


《番外編》 ネズミモチの実とトウネズミモチの実
 ネズミモチとトウネズミモチに付いては6月4日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200706/article_4.html)どちらの木にも緑の実が生って来た。以下にそれを載せる。
画像
                         (ネズミモチの実)
画像
                         (トウネズミモチの実)

 どちらも熟すと黒くなると資料に有る。継続して観察をする。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,640歩、今週の累計歩数は18,140歩/2日。  

"香貫山の植物  エノキグサ (番外編 ネズミモチとトウネズミモチ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント