香貫山の植物  ハンゲショウ (番外編 マタタビ)     

 香貫山の尾根道にある水飲み場の横にハンゲショウ(半夏生)が生えている。ハンゲショウは湿地を好むと資料にある。水飲み場の排水が生育に合っているようだ。
画像
               (尾根道の水飲み場横のハンゲショウ  6月29日)

 分枝した茎の先端に長さ10~15cmのクリーム色の花序を形成する。花序付近に付く葉は下半分からほぼ全体が白色となる点がハンゲショウの大きな特徴である。このような白色の葉は、マタタビとよく似ており、訪花昆虫を誘引に貢献するのであろうと、資料にある。確かに薄暗い林下ではこの白い葉は良く目立つ。
画像
                (花序と白くなる葉は株の上部に付く  6月29日)
 
 上の画像を撮った日より10日ほど前の6月17日の状態は、花序が出て来たところで葉は未だ白化していなかった。
画像
           (花序が芽生えたばかりで葉は白化していない  6月17日)

 8日後の6月25日では葉が白化を始めていた。しかし、花序はまだ開花していない。  
画像
           (花序は未だ開花前だが葉が大分白化して来た 6月25日)

 そして、1枚目と2枚目の画像の6月29日に花序は開花した。
 夏至から11日目(7月2日ごろ)が半夏生(七十二候の一つ)で、この時期に葉が白くなり開花すると、資料にある。今年の香貫山のハンゲショウは若干、半夏生の日よりは早く開花した様だ。
画像
              (花序の根元部分から開花する  6月29日)

 更に7月5日になると花序も半ばまで開花が進んでいたし、葉も更に白化していた。
画像
画像
              (花序の半分以上まで開花が進んだ  7月5日)


<ハンゲショウ(半夏生)>
  ドクダミ科、ハンゲショウ属
  別名:方白草(かたしろぐさ)、半化粧

<特徴>
  多年草
  6~8月に開花
  花は小さい集団花だが上部の葉が白くなる
  湿地に生える
  夏至から11日目(7月2日ごろ)が半夏生(七十二候の一つ)で、この時期に葉が白くなり開花する
  草丈1M以下   

《番外編》 マタタビ
 昨日、バスで富士山の富士宮口新五合目に向かう途中、車窓からマタタビの白化した葉を度々見た。写真を撮れなかったので昨年、三窪高原を訪れた時に撮影した画像を以下に載せる。
画像
                  (白化したマタタビの葉)
画像
               (マタタビの葉と花)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,814歩。

"香貫山の植物  ハンゲショウ (番外編 マタタビ)     " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント