香貫山の植物  イヌツゲ (番外編 ナワシロイチゴ)     

 小さな葉の木に、小粒の白い花が一杯付いている。イヌツゲ(犬黄楊)の木だ。
画像
          (香貫山でも大きい方のイヌツゲの木)
画像
          (上の木に近づくと)
画像
          (更に近づくと、白い小粒の花が一杯付いている)

 イヌツゲの葉は1~3cm、花は2mmと共に小さい。
 イヌツゲはモチノキ科であるが、ツゲ科のツゲの葉に似ているのでツゲが付いた。しかし、ツゲよりも役に立たないのでイヌが付いたと資料にある。

<イヌツゲの花>
 イヌツゲは雌雄異株で花弁はどちらも4枚で同じだがオシベやメシベの形が異なる。又、葉腋に花が付くがその付き方が異なる。雄花は葉腋から長さ5~15mmほどの花柄を形成し、枝分かれして2~6個の花を咲かせる。即ち花序となる。
画像
         (イヌツゲの雄花  4本のオシベ、メシベは見えない)

  一方、雌花は葉腋から1つの花が咲き、花序にならない。
画像
       (イヌツゲの雌花  4本の退化したオシベと真中にメシベ)

 所で、冒頭の株は雌雄どちらか?上から3枚目の画像を見ると葉腋から花序を出して咲いているのが見えるので、この株は雄株だ。
             
<イヌツゲの葉>
 名前の基になっているツゲは葉が対生に対してイヌツゲは互生なので見分けは簡単だ。
画像
            (イヌツゲの葉は互生でツゲの対生と異なる)

 イヌツゲにはヨメノサラという呼び名があり、小さな皿に惣菜を盛るという嫁いびりの意味であると、資料にある。この小さな葉の上に乗せられる惣菜の量はたいした事はない。嫁いびりとしても酷すぎる。

<イヌツゲの実>
 果実は秋に黒く熟すと資料にある。しかし、現在でも実らしき物が所々に生っている。
画像
           (イヌツゲの実かな???)

 この株は葉腋に1個の花が付いているので雌株だから実が付いていることは考えられるが、一番上から2枚目の画像は雄株であるのにもかかわらず実が付いている(画面の中心より若干左寄り)のでこれが実とは考え難い。資料で見る実よりも大きいし、黒くも無いので実ではない。では、一体何であろうか???
 本物の実は秋に観察する事とする。

        ---2007年10月8日のブログより転載開始---
《番外編》 イヌツゲの実
 イヌツゲに付いては6月11日に綴った。その中でイヌツゲの実らしき物が何か?疑問が残っていた。
 この実らしき物はイヌツゲに付く虫こぶ(虫えい)でイヌツゲメタマフシと言う名前が付いている。この虫こぶを作成する虫はイヌツゲタマバエだと言う。
 7月31日の番外編でエゴノキの虫こぶ(虫えい)のエゴノネコアシを綴ったが、植物と動物の虫こぶを作る組合せは結構沢山あるようだ。

 今日の番外編の本題に戻り、イヌツゲの実を以下に載せる。虫こぶではなく本物の実だ。
画像
                    (色付き始めたイヌツゲの実)

 秋が深まると更に色は黒くなる。継続して観察する事とする。
        ---2007年10月8日のブログより転載終了---

<イヌツゲ(犬黄楊)>
  モチノキ科、モチノキ属
  名前の由来:葉の質感や大きさがツゲに似ているがツゲに比べて役にたたない

<特徴>
  常緑小高木
  花期:6~7月
  雌雄異株
  果期:10~11月

《番外編》 ナワシロイチゴの実
 ナワシロイチゴに付いては5月8日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_8.html
そのナワシロイチゴに赤い実が付き始めた。別の場所ではまだ赤い花を咲かせているので比較の為に横に並べて撮影した。
画像
         (熟したナワシリイチゴの実  赤い花より大分大きい)

 上の画像の左に、蕾の様なものが有る。ナワシロイチゴの蕾は前回5月8日に綴った様に物騒な棘付きのコートを着ているので蕾では無い。これは花後で生育中の実なのだ。もう少し経つと下の画像の様に萼が開いて完熟前の実の粒粒が見えてくる。
画像

              (完熟前の実が現れてきた)

 花が咲き終わると受粉されたメシベは再び萼に囲まれて実が育成される。そして実が完熟するにつれて再び萼が開く様だ。
 以上を5月8日のブログに転載しておく事とする。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,999歩、今週の累計歩数は9,999歩/1日。

"香貫山の植物  イヌツゲ (番外編 ナワシロイチゴ)     " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント