香貫山の植物  ハコネウツギ (番外編 タニウツギ)       

 今年も香貫山にハコネウツギ(箱根空木)が咲き始めた。香貫山の登山道を今、綺麗に飾る主役は昨日はガマズミだと綴ったが、実はもう一つハコネウツギももう一方の主役なのだ。ハコネウツギに付いては昨年は5月24日に綴った。その時の画像と合わせて綴り直す事とする。
 ハコネウツギの花は、始めは真っ白だが、だんだんと紅色に変化するので、一本の木に白からピンク色そして紅色と賑やかに咲く。
画像
          (咲き始めは真っ白のハコネウツギ)

 花径25mm程度で花は5裂する。オシベは5本でメシベが大きなボンボンを付けた様で良く目立つ。花は咲き続けると次第にピンク色に変わる。
画像
    (白色からピンク色に変わる  2006年5月24日のブログより転載)

画像
            (最後は紅色に変わる)

 ハコネウツギ全体の木で見ると白やピンクや紅色が混在していて綺麗だ。
画像
(白から紅へと変化するハコネウツギ  2006年5月24日のブログより転載)

 枝の内側には昨年の実の殻が残っている。あまり、見てくれが良くないが・・・。
画像
             (昨年の実の殻も未だ、残っている)

 ハコネウツギの葉の表面と裏面の状況を以下に追加する。共に無毛だ。(5月24日)
画像
         (ハコネウツギの葉の表面  上が裏面、下が表面) 

<ハコネウツギ (箱根空木)
  スイカズラ科、タニウツギ属

<特徴>
  落葉低木
  5~6月頃ごろ紅、白、ピンクの花を集団で咲かせる
  色は白からだんだん紅色に変わって散る  変化が面白い
  花径25mm程度  花は5裂する
  樹高3mまでの落葉低木

《番外編》 タニウツギ
 先日、西丹沢の畦ガ丸へ行った時にタニウツギに出会った。ハコネウツギと同じ科、属で有り、属の名前になっている。
画像
          (畦ガ丸のタニウツギ  蕾の時から赤色で変化せず) 

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,276歩。今週の累計歩数も8,276歩/3日。

"香貫山の植物  ハコネウツギ (番外編 タニウツギ)       " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント