香貫山の植物  ユズリハ (番外編 マルバウツギ)    

 香貫山の尾根を歩いていて、ふと顔を上げたら目の前の木に付いている赤褐色した物が目に飛び込んできた。一瞬、化け物かと思った。
画像
                   (化け物か?)

 木全体を見ると葉の柄が赤いのでユズリハ(譲葉)らしい。化け物は何かな?と思って帰宅して調べると、樹木は矢張りユズリハの木だった。ユズリハは雌雄異株で、この化け物を付けた株は雄株の方で化け物の正体は雄花の蕾であった。
画像
              (化け物はユズリハ雄株の蕾だった)

 この木は、春の新葉を見とどけて古い葉が散るので譲り葉と呼ばれる。新葉が出始めると古い葉の付け根に花をさかせるのだ。丁度今が株の上に新葉を出し、その下の古い葉の付け根に蕾を付ける時期だったのだ。  
 1週間後に訪れると、多くの蕾は既に開花していた。
画像
           (右側に見える赤褐色の蕾を残して他は開花している)

 雄花は開花すると葯が見えて黒くなる。
画像
             (ユズリハの雄花は葯で黒くなる)

 一方の雌株は雄株を発見した数日後に見つかった。こちらも新葉が伸び始めていて、その下の古い葉の付け根に何やら若芽らしき物が付いている。
画像
             (ユズリハの雌株も新葉が出始めている)

 近づいて良く見ると、資料で見た雌花だ。雌花は面白い形をしている、資料の表現を借りると「2つに分かれた柱頭を持つ子房があり、その根元には緑色のフリルがある。これは雄しべの退化したものだそうで、仮雄蕊とのこと。」 
画像
             (ユズリハ雌花の拡大)

 左端から3番目の下向きの花で「2つに分かれた柱頭を持つ子房がある」が、また右端から3番目の下向きの花で「その根元には緑色のフリルがある」が確認出来る。
 ユズリハは、新しい葉がでそろった後で古い葉が落ちるという意味で、ちゃんと引継を済ませてからの落葉する様が縁起物とされているらしい。昔は正月の飾りものにされていた、と資料に有る。確かに赤い花柄の葉を正月には見た事があるが、何処で、何に使われていたかまでは記憶に無い。

           ---2007年5月12日のブログより転載開始--- 
《番外編》 ユズリハ
 ユズリハに付いては5月2日に綴った。
その中で、この木は春の新葉を見とどけて古い葉が散るので譲り葉と呼ばれる、と記した。今日、そのユズリハを確認したら天辺の一部の古い葉を残してほぼ新しい葉に入れ替わっていた。みずみずしい緑色した葉に覆われていた。
画像
           (今年の新葉に覆われたユズリハの木)
           ---2007年5月12日のブログより転載終了---

           ---2007年10月4日のブログより転載開始---
《番外編》 ユズリハの実
 ユズリハに付いては5月2日に綴った。今日はその実に付いて綴る。
画像
画像

                  (ユズリハの実)

 ユズリハの実は垂れ下がり,多数の核果をつけると資料にあるが、残念ながら資料で見る様に沢山の核果が付いていない。他のユズリハを探して見たが、ほぼ同様であった。秋には熟して黒くなるとあるので継続して観察する。
           ---2007年10月4日のブログより転載終了---
           ---2007年11月7日のブログより転載開始---
《番外編》 ユズリハの実
 ユズリハの緑の実に付いては10月4日の番外編で綴り、それを5月2日のユズリハのブログに記載した。ここに来て、実も熟したので以下に載せる。
画像
画像
                     (熟したユズリハの実)
           ---2007年11月7日のブログより転載終了---

<ユズリハ(譲葉)>
  ユズリハ科、ユズリハ属
  名前の由来:春の新葉を見とどけて古い葉が散るので譲り葉と呼ばれる

<特徴>
  4~5月古い葉の付け根に茶色の小花を咲かせる  
  円形の実は秋には藍色に熟す
  目出度い植物として正月の鏡餅の飾りに使われる
  雄雌異株
  葉の茎が赤い特徴がある  葉の表面は光沢がある
  日当たりの良い暖かい山に生える
  常緑の中木で樹高10mになる  有毒植物なので注意

《番外編》 マルバウツギ(丸葉空木)の開花  
 今年も香貫山の登山道にマルバウツギの花が咲き始めた。麓の登山道入口からほぼ頂上付近まで白い花が続いている。昨年は5月10日に綴っている。(http://dekowalker.at.webry.info/200605/article_11.html
 花径は1cm程度で小さいが白色の端正な花だ。しかも一塊になって咲くのでとても綺麗だ。
画像
             (中央に橙色の輪を付けた5花弁の端正な花)

 葉は対生の丸い葉で葉には細かい星状毛が密生しているので触るとざらざらする。又、葉柄はほぼ無く、特に花序の下の葉は茎を抱く。
画像
            (葉は対生で、葉柄が無く茎を抱く)

 枝は細く垂れやすい為、登山道斜面を白のカーテンで覆っている様だ。
画像
             (白色の花で斜面を覆っている)

 「卯の花の匂う垣根に ホトトギス早も来鳴きて 忍び音漏らす 夏は来ぬ」と、文部省唱歌にも歌われている卯の花はユキノシタ科ウツギ属の花を指し、ウツギ、ヒメウツギ、マルバウツギの三種類があって、この内、マルバウツギの花期が最も早く、5月の中頃から咲き始め、最も遅いウツギは5月の終わり頃から6月に入ってからである。と資料にある。
 今年は既に先月の後半からマルバウツギは咲き始めていたので、文部省唱歌によれば、今年の香貫山の夏入りは例年より大分早いことになる。
 
<マルバウツギ(丸葉空木)>
  ユキノシタ科、ウツギ属

<特徴>
  5~6月に白色の花を房状に咲かせる
  中央は少し黄味がかる  花径1cm程度
  日当たりの良い山地に生える
  落葉低木で樹高3m以下
  葉は対生の丸い葉で葉には細かい星状毛が密生しているので触るとざらざらする
  葉柄はほぼ無く、特に花序の下の葉は茎を抱く
  株立し枝は細く垂れやすい

 番外編のマルバウツギは昨年の5月15日のブログに追記しておく。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,710歩、今週の累計歩数は18,434歩/3日。

"香貫山の植物  ユズリハ (番外編 マルバウツギ)    " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント