香貫山の植物  タンポポ(番外編 ニワトコ)     

 香貫山の日本産タンポポに付いては既に3月26日の番外編で綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_27.html
タンポポはこの種の総称でそれぞれ個別の名前があるようだが、ここでは在来種と外来種の2種類のみを綴る。
 在来種は前回綴った。以下に転載する。
 
画像
画像
            (日本産のタンポポも咲き始めた)

 総苞片が反り返っていないので日本産のタンポポだ。
画像
                  (日本産タンポポ)

 香貫山の別の所にはセイヨウタンポポも咲き始めた。
画像

画像
           (セイヨウタンポポも咲き始めた)

 総苞片が反り返っているのでセイヨウタンポポだ。
画像
              (セイヨウタンポポ)

 両品種を並べて比較すると細かい点で違いが有るようだが、それが一般的かどうか解らないので画像を並べて記載するに留めて置く。

<タンポポ(蒲公英)>
  キク科、タンポポ属

<特徴>
  タンポポは総称
  在来種と外来種とがある
  見分け方は総苞片が反り返っているのが外来種で、反り返ってないのが在来種
  タンポポの葉は食べられる

《番外編》 ニワトコ(その2)
 ニワトコに付いては3月19日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_20.html
 その後、別の場所でもニワトコを見つけた。ここは腕を伸ばせば届く所に花が有ったので、例の三脚とタイマを使わずに撮影出来たので暫く花の撮影を継続してきた。その花の変化を以下に綴る。
 ニワトコの蕾は綺麗な赤紫色をしている。
画像
             (ニワトコの蕾)

 従って開花直後は花弁の縁は薄い赤紫色をしている。前回はこの花弁がわずかに紫色に縁取られている点が解らなかったが、今回の画像でそれがはっきりと認識できた。
画像
         (開花直後は花の縁は薄い赤紫色をしている)

 更に日が経つと赤紫の縁取りは消える。
画像
         (開花が進むと赤紫の縁取りは消える)

 そして花弁が落ちた後には、もう小さな実が生っている。
画像
         (早くも小さな実が出来てきた)

 前回のブログの中で、「ニワトコは葉の伸びるのも早いし、実のなるのも早い様だ。随分早生の植物だ。これから注意して観察する事とする。」と言ったが、その通りの様だ。

 今日はゴルフウォーキングで歩数は17,089歩、今週の累計歩数は26,574歩/2日。  

"香貫山の植物  タンポポ(番外編 ニワトコ)     " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント