香貫山の植物  ヒサカキ    

 今日はヒサカキの花を綴る。
 ヒサカキ(姫榊)の木は香貫山には沢山ある。枝にビッシリと花が咲くが小さい花で葉の下に隠れているので気をつけないと見損なう。雌雄異株で花弁は5枚、直径2.5~5mm程度。以下にそれぞれの花を載せる。
 雌花には中心に1つのめしべがあり、先端は3つに別れる
画像
画像
                  (ヒサカキの雌花)

 日を当てると光って見える花があるが、蜜を分泌している様だ。
画像
               (光っている花は蜜を分泌)

 雄花には沢山のオシベが覗いているが資料によると12~15本とある。
画像
画像
               (ヒサカキの雄花)

 花は淡黄色であり、花弁の先端がわずかに紫色を帯びるが、花びら全体が赤紫のもある。
画像
               (ヒサカキの赤紫の雄花)

 春にいち早く花を開き、独特のにおいで春の訪れを感じさせてくれると、資料にある。改めてヒサカキの花の匂いを嗅いたら、あまり良い匂いではないが不快ではない匂いがする。プロパンガスや福神漬に譬える人がいるようだが、何に譬えたら良いか?
 果実は直径4mm程度の球形であり、10月頃には黒く熟すと資料にある。秋に雌株を見る事とする。

        ---2007年10月9日のブログより転載開始---
《番外編》 ヒサカキの実
 ヒサカキに付いては3月11日に綴った。暫くヒサカキの木を覗いていなかったが、久し振りに見るとビッシリと実が生っている。

<ヒサカキの実>
 春には、枝の脈腋に花がビッシリとついていたが,その花が全て実になった様に思えるくらい沢山付いている。
画像
                     (鈴なりのヒサカキの実)

 所々に黒く熟し始めた実も見える。黒く熟した果実をつぶすと鮮やかな紫色の液がでる。これは草木染めの青色染料としても利用される。また,果実は野鳥が好んで食べる、と資料に有る。香貫山では後者の鳥が食べる事になるが、ヒサカキの木は沢山あるので鳥にとっては暫くは楽園になることだろう。
        ---2007年10月9日のブログより転載終了---
        ---2007年12月26日のブログより転載開始---
<ヒサカキの実>
 ヒサカキに付いては3月11日に綴っている。そしてヒサカキの緑の実に付いては10月9日に綴って、それを3月11日に転載してある。今日はその後の黒く熟した実の模様を綴る。
 ビッシリと稔った緑の実がそのまま黒く熟した様で、相変わらずビッシリと稔っている。実が葉の下側に付いているので、枝を少し持ち上げて写真を撮る。
画像
          (所狭しと稔っているヒサカキの実  12月15日撮影)

 鳥が好んで食べるとあるが、この木の実は未だ一粒も食べられていない様だ。又、黒く熟した実をつぶすと鮮やかな紫色の液がでる。これは草木染めの青色染料としても利用されると資料にある。香貫山にはヒサカキの木は多いが、現在では宝の持ち腐れで誰も採らない。
 実が生っている枝の先の方に小さな丸い物が付いているが、これは来春に開花する蕾だ。蕾も沢山付いている。
画像
             (来春に花開くヒサカキの蕾  12月15日撮影)
        ---2007年12月26日のブログより転載終了---

<ヒサカキ(姫榊)>
  ツバキ科、ヒサカキ属
  名前の由来は全体が小さいので姫榊、がなまってヒサカキに

<特徴>
  3月から4月にかけ、目立たない花を咲かせる
  花には独特の香(臭気?)がある
  枝にはびっしりと下向きに花が付く
  花弁は5枚であり、直径2.5~5mm程度
  淡黄色であり、花弁の先端がわずかに紫色を帯びる
  雌雄異株
  雌花には中心に1つのめしべがあり、先端は3つに別れる
  雄花には12~15のおしべがある
  果実は直径4mm程度の球形であり、10月頃には黒く熟す

 今日のウォーキングは香貫山。今日の歩数は8,702歩、今週の累計歩数は68,900歩/7日。
 

"香貫山の植物  ヒサカキ    " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント