時之栖ウォーキング        

 一昨日、富士川に行く前に御殿場市にある時之栖(ときのすみか)に行って来た。ここから見る富士山は宝永山が真正面に見えるので、その姿をカメラに収める為だった。
 撮影ポイントへ行く前に12月24日に綴った時之栖イルミネーション(http://dekowalker.at.webry.info/200612/article_18.html)の昼間の姿を見る事とした。
 昼間見る光のトンネルは、明るい陽に照らされて真っ白いトンネルだ。黒い珊がなければ真っ白に輝く雪のトンネルの様であった。
画像
                (昼間は真っ白な雪のトンネルの様だ)
 夜のイルミネーション中の景色を前回のブログから抜粋して以下に載せる。
画像
                (夜間の光のトンネル)

 トンネルから出て横から見ると、やはり真っ白な雪のトンネルだ。
画像
                (外から見ても真っ白な雪のトンネル)

 夜のイルミネーション中の外からの景色も前回のブログから抜粋して以下に載せる。
画像
                (外から見た光のトンネル)

 トンネルの横には花壇が有り、クリスマスローズが一面に植えられている。赤色と白色が交互に植えられており、今を盛りに咲いている。
画像
画像
                 (クリスマスローズ)

 イルミネーション中の夜間ではこのクリスマスローズは暗くて誰も気付かない。昼間は明るく良く見えるが見る人が殆どいない。折角綺麗に咲いているクリスマスローズであるが、何とも可哀想なことである。

 クリスマスローズはそこそこにして富士山撮影ポイントへ急ぐ。トンネルに入る前は富士山の頂上付近にひと塊の薄い雲が浮かんでいたが、その雲も綺麗に無くなっている。富士山が青空をバックにして素晴らしい姿を見せている。まさに霊峰、富士の山だ。
画像
                (時之栖から見た富士山)

 宝永山が中央に見える。宝永山に向かって左側(西側)斜面には雪は無いが、右側(東側)斜面には雪が積もっている。宝永山だけでなく富士山も右斜面の方が左斜面よりも低い所まで雪が積もっている。何故だろうか?西斜面は西日が当たり早く融けてしまう為だろうか?
 今日も所用でウォーキングは中止。

"時之栖ウォーキング        " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント