沼津海岸線ウォーキング  西浦江梨~大瀬崎     

 この前の日曜日(2/4)に沼津海岸線ウォーキングの続きに行って来た。今回は沼津駅からバスで江梨まで行きそこから大瀬崎までの往復だ。今日から3回に分けてその模様を綴る。
 江梨バス停でバスを降り海岸線の道を大瀬崎に向かって歩く。正面に大瀬崎の半島が見えて来た。その半島の向うに見えるのが富士市であり、その上に薄っすらと白い雪を被った山が南アルプスだ。
画像
           (一番奥の白い山は南アルプス  見えるかな?)
 海とは反対側の山にはミカンの木が段々に植えられている。結構急斜面を切り開いてミカンの木が植えられている。
画像
           (ミカンの段々畑)
 このミカン畑への入口にミカンの無人販売所がある。立ち止まって品定めをしていると奥からおじさんが出てきた。ミカンが6ケ入っている袋が100円とあるので1袋買う。横にあったポンカンを1ヶオマケでくれた。後の昼食時に食べたのだがミカンは酸っぱかったがポンカンは甘くて美味しかった。帰り道にポンカンを買って帰る事とした。
 駿河湾を見ていると、プレジャーボートが凄いスピードで東(右)から西(左)へ白波を立てて走っている。夏はもっと沢山のボートやヨットが浮かんでいることだろう。夏も再度来てみる事としよう。
画像
             (ボートが右から左へ通り過ぎて行く)
 暫く行くと道は登りになる。海面から数十メーター高い所を歩く。道路が曲がった所から下へ降りる簡易舗装した道があり、そこを下りてみた。車を10台くらいとめられる広場がる。駐車料金は500円/台。駐車場の先は海岸だ。横幅が50m程の狭い海岸だ。左右とも海岸はその先へは行けない。回りから孤立した海岸だ。この日、海岸を訪れたのは私だけだろうか?私だけの往復した足跡が残っている。
画像
             (プライベートビーチ?の雰囲気)
 元のバス道路に戻る。暫く行くと道路幅を拡張工事している所が有り、そこを抜けると大瀬崎が見えて来た。大瀬崎は別名琵琶島とも呼ばれる、駿河湾に約1km突き出した半島だ。
画像
              (駿河湾に浮いている様な大瀬崎半島)
 高台の道路を下って大瀬崎海岸に到着する。
 
画像
                 (富士山をバックにした大瀬崎海岸)
 この日は日曜日の為だろうか、海岸には大勢のダイバーが集まっている。案内書には「大瀬崎は内海と外海の海相の違いがはっきりしており、水がきれいでサンゴ等も海中にきれいな花を咲かせている大瀬崎の海はスキューバダイビングのメッカで、一年を通じて多くのダイバーがここを訪れています。」とある。
画像
             (冬なのに大勢のダイバーが集まっている)
 今日の最後は途中の道路沿いに最近植樹された桜並木の模様を載せる。多分、河津桜だろうがこれが大きくなったら大瀬崎の観光スポットの一つになるかも知れない。
画像
画像
                 (開花し始めた河津桜の並木)
 今日は天気も悪く、ウォーキングは中止。

"沼津海岸線ウォーキング  西浦江梨~大瀬崎     " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント