須崎~爪木崎ウォーキング その1           

 一昨日の日曜日(1月28日)に伊豆半島の下田に近い須崎漁港から野スイセンで有名な爪木崎を往復して来た。その模様を今日から3回に分けて綴る。

 スタート地点は須崎漁港。朝の漁を終えた為か、漁船が所狭しと停泊している。
画像
                (須崎漁港)
 行きは岩場コースで、海岸線に沿って歩く。結構、絶壁になっている岩場だ。
画像
                (絶壁の中腹を歩いて行く)
 ほぼ、中間地点に、細間の段がある。ここは江戸城を構築する為に石材を切り出した所だ。ここからは利島や新島等の伊豆七島が見えると説明板に有るが、この日は曇って見通しが悪く利島がウッスラと見えるだけだった。
画像
              (細間の段    利島が見えるかな?)
 今来た所を振り返ると、急峻な岩場が須崎漁港(白い建物が見える)まで続いている。しかし、絶壁の岩場だが歩道は良く整備されていて安全だ。
画像
          (須崎漁港方向を振り返る急峻な岩場の連続だ)
 細間の段から先も急峻な岩場を歩く。暫く進むと爪木崎灯台が見えて来た。
画像
              (目的地の爪木崎灯台)
画像
              (大きな岩場の間から爪木崎灯台を望む)
 
画像
             (やっと平坦になった岩場から爪木崎灯台を望む)
 歩道も海の高さまで下りてきた。波静かな白砂の浦だ。
画像
             (波静かな田ノ浦の右側の道を歩いて来た)
 やっと岩場を抜けて、歩き易い雑木林の中を歩く。
 ここまでは岩場の道ではあったが、私としては初めての草花に会う事が出来た。
画像
             (イソギク)
画像
             (ハマダイコン)

<2007年2月6日 一花さんからの情報によりハナダイコンをハマダイコンに修正しました>

 暫く歩いて行くと爪木崎の入口に到着した。群生しているスイセンが見えて来た。凄い数のスイセンが咲いている様だ。
画像
              (爪木崎入口に到着)
 群生しているスイセンの模様は明日綴る。

 今日は天気も良かったので沼津海岸線ウォーキングの続きに行ってきた。この模様は後日綴る。今日の歩数は18,967歩、今週の累計歩数は18、967歩/2日。

"須崎~爪木崎ウォーキング その1           " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント