木曾駒ケ岳ウォーキング(その1)      

 8月3,4日中央アルプスの木曾駒ケ岳(2956m)に行って来た。3日に駒ヶ根市内のホテルに宿泊し、4日朝から山頂を目指した。今年に入って何回か山に行ってきたが、天候に恵まれず山頂での眺望が出来なかった。今回は久し振りに、素晴らしい眺望に恵まれた。
画像
                    (木曾駒ケ岳山頂からの眺望)

 コースは、駒ヶ根市(676m)からバスに45分乗って、しらび平(1662m)まで行き、そこからロープウェイで千畳敷(2612m)まで一気に登る。ロープウェイでの待ち時間45分を入れても麓の駒ヶ根市から約1時間半で約2000mを登ったことになり、3000m級の山頂(2956m)まであと344mだ。
画像
     (しらび平ロープウェイ駅 早朝だったが45分も待たされてロープウェイに乗る)
画像
                  (日本一高い所を登るロープウェイ)
画像
                (ロープウェイ車窓から見た険しい山景色)

 昔を知らないので正確な比較は出来ないが、随分楽な登山になったことは確かだ。しかし、ここから山頂までは急な岩道のアップダウンで結構シンドイ登山だった。特に乗越浄土(2850m)までは急斜面で238mを約50分かかった。しかし後ろを振り返れば富士山が薄っすらと見えた。
画像
     (千畳敷の駒ケ岳神社 この先の登山の安全を祈願してスタート バックは宝剣岳)
画像
           (千畳敷から乗越浄土までは急斜面をジグザグに登る)
画像
 (乗越浄土から見る富士山 麓は薄い雲の中だが、その雲の上に富士山が望まれた。)

 次は乗越浄土から中岳(2925m)。標高差は75mだが一端下って、そして登るので実質は倍以上はあった。中岳まで来て初めて駒ケ岳山頂が見える。
画像
                  (中岳から駒ケ岳山頂を望む)

 中岳から駒ケ岳山頂までは標高差31mだが、ここも一端下ってまた登るので結構シンドイのぼりが続く。約30分で駒ケ岳山頂に到着。ロープウェイ終着駅の千畳敷から休憩時間を含めて、約1時間45分で登った。
画像
(駒ケ岳山頂到着 360度の見晴らしが楽しめた。富士山も見えたが乗越浄土よりも更に薄っすらなので省略)

 今日の朝食が早かったので、まだ9時半だがここで昼食を取った。真っ青な空の下、陽射しは強かったが湿度が低く、そよ風も吹いていて、とても心地良い山頂での食事だった。この楽しみがあるから山登りは素晴らしい。
 山頂にもある駒ケ岳神社に下りの安全祈願をして下山開始。登りと同じ道を戻った。乗越浄土から千畳敷を見下ろすと登山者が途中から見えなくなる。急斜面の証拠だ。慎重に下りるが途中で膝が少しガクガクしてきた。
画像
        (乗越浄土から千畳敷の道は急で登山者が途中から見えなくなる)

千畳敷に下りて、お花畑を一周した。登山道沿いでは急いでお花の写真を撮ったが、ここではゆっくりと写真を撮った。お花の写真は、木曽駒ヶ岳ウォーキング(その2)で綴る。最後にお花畑の中にある剣ヶ池から見た宝剣岳を載せる。
画像
      (剣ヶ池からお花畑と宝剣岳を望む まだ急斜面には雪渓が残っている)

 8月3日の歩数は 0歩。
 8月4日の歩数は 7545歩、今週の累計歩数は 32,678歩/5日。

"木曾駒ケ岳ウォーキング(その1)      " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント