香貫山の植物  ヤマユリ             

香貫山の草花(その41)  ヤマユリ(山百合)
 
 今日も香貫山へ行って来た。今日までに集めた香貫山のヤマユリ(山百合)の幾つかの風景を綴る。今年、最初に見たのが7月17日でその場所は登山道の山側崖の5mくらい上だ。
画像
                     (崖上に咲いたヤマユリ)

 同日に五重塔の下でも咲いた。7月9日の香貫山の草花(その28)で綴った、「五重塔を見上げているモントブレチア」の下に咲いていた。
画像
                   (五重塔を見上げているヤマユリ)

 実はこの五重塔を見上げているヤマユリの近くには、もっと早く咲くと思って見守っていた株があったのだが、7月9日以前に誰かに折られてしまったのだ。斜面から登山道に蕾を突き出していて、良く目立っていた。咲いたらさぞかし綺麗だろうと、思っていたがそれが逆に出て、採リ易くなってしまったようだ。
画像
                     (蕾を折られたヤマユリ)

 その後はアチコチで咲き出した。
画像
                      (他草に隠れたヤマユリ)
画像
                    (蝶を迎え入れたヤマユリ)
画像
                 (道端のお地蔵様に供えられたヤマユリ)
 香貫山に咲いているヤマユリを切った事は感心しないが、持ち帰らずに登山者全員が見て
通るお地蔵様に供えられているので許せる。むしろ感謝している。ここのお地蔵さんにはその
時々に香貫山で咲いている旬の花が供えられていて登山者の目を楽しませてくれているの
だ。
画像
                   (約1mも首を下げたヤマユリ) 
画像
                 (霧の中、咲き始めた斜面のヤマユリ)
画像
            (ほぼ満開になった斜面のヤマユリ  8/2日:追加)
画像
                  (一株に6ヶの花をつけたヤマユリ)

 まだ蕾の株も有るので、もう暫くは美しい姿と良い香りを楽しめると思う。

<ヤマユリ(山百合)>
  ユリ科、ユリ属
<特徴>
  7~8月に開花
  百合の王様
  花径15cm程度で大輪
  改良した百合の原種で日本の誇れる花
  草丈1M以下
  笹百合が女性的ならこの百合は男性的

 今日の歩数は 11,456歩、今週の累計歩数は 19,922歩/2日。

"香貫山の植物  ヤマユリ             " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント