香貫大橋 (狩野川河口から七番目の橋)

 今日は晴天で更に暖かく、ウォーキングには最高の日和でした。この日差しの中、狩野川沿いを上流に向かって、香貫大橋~本城山公園~徳倉橋を往復してきた。今日は香貫大橋につき綴り、本城山公園と徳倉橋は別途綴る予定。
 
 香貫大橋(かぬきおおはし)は狩野川河口から5kmの位置にあり、平成8年3月に竣功した
まだ新しい橋だ。この橋により清水町と香貫、我入道、沼津港とが近くなった。狩野川はこの香貫大橋の近所で大きく流れの方向を変える。上流から真西に向かって流れて来た狩野川は香貫山にぶつかって北へ流れを変える。下の写真で、左の山が香貫山で、右(東)から来た狩野川は上(北)にほぼ直角に流れを変えているのがわかると思う。この曲がり部から50mぐらい流れた所に白いアーチの形をした香貫大橋がある。
画像
                  流れが曲がった先に香貫大橋がある

 この香貫大橋のすぐ先で狩野川と黄瀬川が合流し、水量が増えた狩野川は又、西に向かって流れを変える。下の写真は香貫大橋の近くの登山口から登った所にある運動場から撮影した。
画像
           上(北)から来た黄瀬川と合流し左(西)へ流れを変える

 黄瀬川と合流した先は狩野川の一番の急流ではないかと思う。勿論、中流、下流域での話しだが。岩がゴロゴロしているし、流れがシブキを上げ、ザワザワと心地よい音を出して流れている。この先、狩野川はゆったりと河口まで流れて行く。
画像
                     中、下流域一の急流(?)

 本日の歩数は 15,598歩、今週の累計歩数は 69,521歩/6日。                              

"香貫大橋 (狩野川河口から七番目の橋)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント