白山(その3)

 2日目は午前3時40分に室堂ビジターセンターを出発して白山主峰の御前峰に向かう。登山道を歩き始めると、白山奥宮からご来光が拝める合図の太鼓が鳴り出した。ヘッドランプに照らされた足元を見ながらご来光への期待が膨らむ。
 歩き始めて50分で御前峰に到着。北アルプスの峰々が赤く染まった東の空に広く展開していた。ご来光の期待がますます膨らむ。
画像

 三角形の山が一昨年登った槍ヶ岳だろうか?
画像

 日の出前の風が吹き抜ける山頂では寒い。防寒用に雨具を着て岩陰でご来光を待つ。しかし、日の出の時刻になると山頂はガスに覆われてしまった。が、諦めかけた所で突然霧の中に太陽が現れた。
画像

 周りの登山者も大喜び。私もこんなご来光は初めてだったので感激だった。
画像

 奥宮の神職さんの発声で万歳三唱。神職さんの話では1週間振りのご来光だとのこと。
画像

-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:白山(2702m)
登山日時:2015年7月21日(火)
天    候:晴れ
コ ー ス:室堂ビジターセンター(3:40)~御前峰(4:30)~お池めぐり~千蛇ヶ池分岐~
       水屋尻雪渓~室堂ビジターセンター(7:00/7:30)~アルプス展望台(8:10)~
       南竜ヶ馬場(9:25)~南竜道分岐(9:55)~別当出合(12:25)

--------------------------------------
 ご来光の後で、山頂標識へ向かう。大勢の登山者が押しかけて、寒い中で写真撮影も順番待ち。
画像

 山頂にある奥宮で日供祭が執り行われていたので上から覗き込み頭を垂れる。
画像

 祈祷が終わり後ろを振り返ると霧の掛かった山に、影白山が浮き出ていた。
画像

 お池めぐりコースに向かう人達の後に続いて歩き出す。逆光の中で剣ヶ峰が残念ながら見難くい。
画像

 雪渓を懐にした大汝峰は朝日を受けて鮮やかに望めた。
画像

 後ろを振り返る。先程までいた御前峰の山頂は霧が晴れていた。もう少し早く晴れてくれれば良かったのに、と悔やまれる。
画像

 紺屋ヶ池の雪渓を渡り、
画像

 後ろを振り返り御前峰を見上げる。
画像

 翠ヶ池は逆光の中で、写真で見たコバルトブルーが無い。
画像

 お池めぐりは総じて日影の、雨露に濡れた灌木帯の道でお花も萎れていて写真に収めていない。唯一珍しいオオヒョウタンボクの花を撮影した。
画像

 日影から抜けて、明るい陽の下の雪渓を渡り、
画像

 お池めぐりを終えて室堂ビジターセンターに戻り、遅い朝食を取る。
画像

 室堂広場で白山の今回の目的のハクサンコザクラを見つけた。
画像
 
 朝食後は展望歩道を経由して下山する。お花畑を抜け、雪渓を渡って進む。振り返ると雪渓の上に青空をバックにした御前峰が望めた。
画像

 更に進むと、雲の下にコバルトブルーの白水湖を抱き、雲上には北アルプスの峰々が横一線に頭を連ねている。素晴らしい景色に暫し見惚れる。
画像

 少し進むとアルプス展望台の標識が現れる。上と同様の景色なので割愛する。
画像

 登山道脇は高山植物の花に溢れているが、ここでは今回初めて出会った花を載せる。

                                  <テガタチドリ>
画像



                                  <カライトソウ>
画像

 室堂平から2時間で南竜ヶ馬場を通過し、
画像

 南竜道分岐を通過して以降は登山時と同じ砂防新道を歩いて別当出合の吊り橋を渡りこの日の登山を無事終えた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント